ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子育て・健康・福祉 > 介護・福祉 > 高齢者福祉 > 地域包括支援センターをご存知ですか?

本文

地域包括支援センターをご存知ですか?

地域包括支援センターとは

 地域包括支援センターは、高齢者が住み慣れた地域でその人らしい生活を続けることができるように、介護・福祉・保険・医療など様々な面から支援を行うための総合相談機関です。 

 山陽小野田市では、市が直営で設置しています。また、より身近は地域で相談ができるよう市内5か所ににサブセンターを設置しています。

所在地及び担当地域

 
 所在地担当地域

直営)

山陽小野田市地域包括支援センター

日の出一丁目1番1号(高齢福祉内)

電話 82-1149

市内全域

(サブセンター)

小野田赤十字在宅介護支援センター

小野田3700(日赤内)

電話 88-4344

本山・赤崎

(サブセンター)

おのだ在宅介護支援センター

小野田1324-10(長寿園内)

電話 84-7055

小野田・須恵

(サブセンター)

高千帆苑在宅介護支援センター

有帆662-8(高千帆苑内)

電話 84-7093

高泊・高千帆・有帆

(サブセンター)

山陽在宅介護支援センター

鴨庄92(社会福祉協議会内)

電話 72-3000

厚狭・出合

(サブセンター)

サンライフ山陽在宅介護支援センター

埴生2156(サンライフ山陽内)

電話 76-3450

埴生・津布田・厚陽

職員体制

  • 保健師 5人
  • 主任介護支援専門員 6人
  • 社会福祉士 4人
  • その他 4人

地域包括支援センターでは、次のような業務を行っています。

介護・福祉・保健・医療などの総合的な相談

 高齢者やその家族の介護や介護予防に関する相談に対応します。健康や福祉、医療に関すること何でもご相談ください。

自立して生活できるようなサービスの調整

要支援1・2及び介護予防・日常生活支援総合事業対象者と認定された人への支援や、介護予防が必要な人への支援を行います。(ケアプラン作成等)

高齢者の権利を守るための相談・支援

高齢者の人権や財産を守るための成年後見制度や権利擁護事業の紹介、虐待の早期発見と防止などに対応します。

高齢者が住みよい地域づくり

介護・福祉・医療などの様々な機関と連携し、地域ぐるみで高齢者を支えるネットワークづくりを行い総合的に高齢者を支援します。

営業日及び営業時間

月曜日から金曜日(祝日年末年始を除く) 8時30分から17時15分
(営業日および営業時間以外の緊急連絡先  電話 82-1149)  

地域包括支援センター運営協議会

地域包括支援センターにおける各業務の評価等を行うことで、地域包括支援センターの適切、公正かつ中立な運営の確保を目的として地域包括支援センター運営協議会を設置しています。

地域包括支援センター運営協議会の議事録はこちらから

⇒ https://www.city.sanyo-onoda.lg.jp/soshiki/18/chiiki-houkatsu.html