ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

悪臭防止法について

悪臭防止法とは

悪臭防止法は、規制地域内の工場・事業場の事業活動に伴って発生する特定悪臭物質について必要な規制を行うこと等により生活環境を保全し、国民の健康の保護に資することを目的としています。

悪臭防止法に基づく規制地域区分図

規制地域区分図 [PDFファイル/76KB]

規制基準について

工場・事業場の敷地境界線における規制基準

工場・事業場の敷地境界線における規制基準値(単位:ppm)
特定悪臭物質A地域B地域C地域
アンモニア125
メチルメルカプタン0.0020.0040.01
硫化水素0.020.060.2
硫化メチル0.010.050.2
二硫化メチル0.0090.030.1
トリメチルアミン0.0050.020.07
アセトアルデヒド0.050.10.5
プロピオンアルデヒド0.050.10.5
ノルマルブチルアルデヒド0.0090.030.08
イソブチルアルデヒド0.020.070.2
ノルマルバレルアルデヒド0.0090.020.05
イソバレルアルデヒド0.0030.0060.01
イソブタノール0.9420

酢酸エチル

3720
メチルイソブチルケトン136
トルエン103060
スチレン0.40.82
キシレン125
プロピオン酸0.030.070.2
ノルマル酪酸0.0010.0020.006
ノルマル吉草酸0.00090.0020.004
イソ吉草酸0.0010.0040.01

 

気体の排出口における規制基準

事業場における事業活動に伴って発生する悪臭物質で当該事業場の煙突その他の気体排出施設から排出されるものの当該施設の排出口における許容限度は、次の式により算出した悪臭物質の種類ごとの流量としている。

q = 0.108×He2・Cm(ただし、Heが5m未満の場合は適用しない。)

この式において、q、He、Cmは、それぞれ次の値を表す。

q : 流量(Nm3/h)

He: 補正された排出口の高さ(m)

Cm: 敷地境界線における規制基準値(ppm)

 排水中の規制基準

排水中の規制基準値
物質名排出水の量規制基準値(mg/ℓ)
メチルメルカプタン

Q ≦ 0.001

0.001 < Q ≦ 0.1

0.1 < Q

A地域:0.03 B地域:0.06 C地域:0.2

A地域:0.007 B地域:0.01 C地域:0.03

A地域:0.001 B地域:0.003 C地域:0.007

硫化水素

Q ≦ 0.001

0.001 < Q ≦ 0.1

0.1 < Q

A地域:0.1 B地域:0.3 C地域:1

A地域:0.02 B地域:0.07 C地域:0.2

A地域:0.005 B地域:0.02 C地域:0.05

硫化メチル

Q ≦ 0.001

0.001 < Q ≦ 0.1

0.1 < Q

A地域:0.3 B地域:2 C地域:6

A地域:0.07 B地域:0.3 C地域:1

A地域:0.01 B地域:0.07 C地域:0.3

二硫化メチル

Q ≦ 0.001

0.001 < Q ≦ 0.1

0.1 < Q

A地域:0.6 B地域:2 C地域:6

A地域:0.1 B地域:0.4 C地域:1

A地域:0.03 B地域:0.09 C地域:0.3

(注)Qは、事業場の敷地外に排出される排出水の量(m3/s)を表す。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)