ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

アダプトプログラムについて

アダプトプログラムに参加してみませんか

アダプトプログラムとは

アダプトプログラムとは、1985年アメリカ合衆国テキサス州運輸局が始めた、市民と行政が協働ですすめる新しいまちの美化活動です。アダプトプログラムと呼ばれる理由は、アダプト(adopt)には「~を養子にする」という意味があり、公園、道路等の公共の場を養子に見立て、市民が里親となって養子である公共の場の清掃等の美化活動を行い、行政がこれを支援するためです。

山陽小野田市には、「きれいにするっちゃ山陽小野田」という名のアダプトプログラムがあります。皆さんも参加してみませんか。

なぜ、アダプトプログラムが必要なのか

山陽小野田市ではきれいなまちを守るために旧小野田市が平成10年にポイ捨て禁止条例を制定しましたが、ポイ捨て、不法投棄が後を絶ちません。また今後、地域の環境美化の推進には、市民と行政が一体となって、活動していくことが特に重要となってきます。山陽小野田市のアダプトプログラム「きれいにするっちゃ山陽小野田」には、現在21団体3個人(平成30年4月1日現在)の方のご協力を得ています。きれいなまちを守っていくために、皆さんのご協力をお願いします。

アダプトプログラムを行うには

個人または団体で、自ら美化活動を行う区域を決め、申込書(参加者名簿、管理区域図を添付)を市役所環境課またはふるさとづくり協議会に提出します。市はその土地の管理者及び地元自治会の承諾をもらい、支援事業として、清掃道具を提供、清掃で出たごみの収集、保険加入を行います。参加者には年度終了時に活動実績報告書を提出していただきます。

az

実施要綱・申込書等様式

きれいにするっちゃ山陽小野田実施要綱 [PDFファイル/112KB]

申込書 [Wordファイル/31KB]

合意書 [Wordファイル/25KB]

参加者名簿 [Wordファイル/37KB]

活動実績報告書 [Wordファイル/46KB]

活動状況

さわやかモーニング西の郷の皆さん 有友会の皆さん菩提寺山里山の会の皆さん

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)