ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 市民協働 > 市民活動 > 山陽小野田市市民活動支援センター

本文

山陽小野田市市民活動支援センター

市民活動を支援します!

市民活動支援センターとは・・・

市民及び市民活動団体が行う活動を支援し、活力と笑顔あふれる地域社会の実現のため、市民活動に関する情報の提供や各団体の活動に関する情報発信などを行い、市民・団体・行政が共に活躍するまちづくりを進めていきます。

市民活動に関するお知らせ・イベント開催情報

新着情報

公募型プロポーザルの実施について

  

①地域パワー活用プロボノ活動支援業務の企画及び実施団体の募集について

山口県では、地域社会に貢献したい県外在住の方にプロボノ活動の機会を提供し、地域課題解決に取り組む県民活動団体の活動基盤の強化を図るとともに、関係人口の拡大につなげるため、域外パワー活用プロボノ活動支援業務を企画・実施する県民活動団体を公募型プロポーザル方式により募集します。 

    詳しくはこちらへ

 

② 地域パワー受入県民活動団体の活動支援及びマッチング・情報発信等支援業務の企画及び実施団体の募集について

山口県では、プロボノ活動の受入を希望する県民活動団体の活動や、プロボノワーカーと団体とのマッチングを支援し、協働体制の構築を進め、地域課題解決に取り組む団体の活動基盤の強化を図るため、域外パワー受入県民活動団体の活動支援及びマッチング・情報発信等支援業務を企画・実施する県民活動団体を公募型プロポーザル方式により募集します。(プロボノ活動:仕事上身に付けた専門知識や技術を活かしたボランティア活動)

  詳しくはこちらへ

 

第15回女性いきいき大賞の募集を開始しました

 

◆募集内容 

表彰内容最優秀賞(山口県知事賞)・・・副賞30万円
優秀賞(朝日新聞社賞、yab山口朝日放送賞、山口新聞社賞)・・・副賞各20万円
コープやまぐち奨励賞・・・副賞10万円
コープやまぐち奨励賞・学生の部・・・活動奨励金10万円
他に、コープやまぐち組合員のみを対象とする「コープやまぐち組合員賞
応募資格①山口県内で下記の自主的な活動を行っている団体であること。
 ・くらしづくり(健康、文化、環境、省エネ、リサイクル、食の安心・安全など)
 ・子育て(子育て支援、教育、子どもの安全、母子保健、食育など)
 ・福祉(高齢者福祉、介護福祉、障がい者福祉など)
 ・地域づくり(街づくり、村おこし、地産地消、農業、伝統文化、平和など)
②3年以上の活動経験を持ち、5名以上のメンバーで構成され、代表者が女性もしくは運営の中心メンバーが女性の団体であること。
③目的や内容が、特定の宗教や政治等に偏っていない団体であること。
応募受付令和2年7月1日(水)~令和2年9月30日(水)
発表令和3年3月(予定)

 

◆問い合わせ先:生活協同組合コープやまぐち
 TEL:0120-27-5520


詳しくはコープ山口のホームページへ
https://www.yamaguti-coop.or.jp/about/ikiiki/

 

講座・セミナー情報

NPO事務局 学びの教室

 

◆日時:8月6日(木)~10月8日(木)まで(全6回)
 13:30~16:30(予定)

◆場所:オンライン(Zoom)開催     ※オンライン参加が難しい場合は、会場での参加も可能です。
 会場:パルトピアやまぐち(山口市神田町1-80)

◆内容:今こそ学びを深めよう!!
①雇用 8月 6日(木) 人を雇ったら考えること
②給与 8月 7日(金) 給与計算について
③会計 8月26日(水) 日常の会計処理 複式簿記とは
④会計 8月27日(木) NPO法人会計基準とは 活動計算書の作成
⑤税務 9月17日(木) 講義+Q&A
⑥定款 10月8日(木) 定款を見直そう!定款変更の手続

※④⑥は、NPO法人向けです。希望の回のみの参加もOKです。

◆参加料:無料

◆対象者:山口県内のNPO法人、任意団体
 ※初心者大歓迎!

◆定員:オンライン20名、会場5名(先着順)

◆申込み方法:メール、FAX、または申込フォーム(QRコード)
  メール件名は「学びの教室参加申込」としてください。
  申込フォームはこちら

◆締め切り:令和2年7月31日(金)

◆問い合わせ先:やまぐち県民活動支援センター
TEL:083-934-4666
FAX:083-934-4667

学び教室チラシ [PDFファイル/1.5MB]

 

まちなかの地域づくりの事例に学ぶ~地域を動かす未来づくり塾

中山間だけでなく、山口県内の多くのまちなかでも、地域づくりの担い手(元気な高齢者)は今が最高に多い!というデータがあります。しかし特にまち部に行くほど「婦人会がなくなった・子ども会の加入率が低下した等、漠然と不安はあるが、今は困っていない」という地域運営改革への壁が立ちはだかります。
人口3,900人・25,000人超えの2つの地域づくりの運営改革を事例に、規模が大きく早期に全住民アンケートが難しい場合に、活動実態の調査(事業の棚卸)、活動実績評価シートを活用することで「地域の運営改革を地域で実践」した手法について学びます。
地域づくりの話し合い・ワークショップが「地域の宝探し・アイデアだし・陳情・イベント実施」で終わらないために、地域づくりの進化の事例や手法を学び、地域で実践しましょう。

 

◆日時  令和2年9月3日(木)  13時30分~15時30分

◆場所  オンライン(ZOOM) または パルトピアやまぐち中ホール (山口市神田町1-80)

◆講師:山賀昌子さん

◆参加料:無料 ※要申込

◆対象者:山口県内の地域づくり協議会などコミュニティ機関、 行政機関、中間支援組織、 地域づくりに関心のあるNPO、個人など

◆締め切り:令和2年8月28日(金)まで

◆申込み方法:応募フォーム、メール、FAX

◆問い合わせ先:やまぐち県民活動支援センター 
  TEL:083-934-4666
   FAX:083-934-4667
   メールアドレス:yamas@mbs.sphere.ne.jp
  住所:〒753-0064 山口市神田町1-80 防長青年館(パルトピアやまぐち)2階

まちなかの地域づくりの事例に学ぶ~地域を動かす未来づくり塾 [PDFファイル/189KB]

 

イベント情報

 

 

登録団体の情報

有機ネット山口西部が「有機ネットだより 第25号」を発行しました

 

  有機ネットだより 第25号 [PDFファイル/1.38MB]

 

のびーる有帆が広報紙『のびーる有帆 第40』を発行しました

  のびーる有帆(酒井敏正会長)が広報紙を発行しました。結成25周年を迎え、現在のメンバー皆さんからの声を特集で掲載されていますので、ぜひご覧ください。有帆公民館や市民活動推進課の窓口にも広報紙をおいています。

        のびーる有帆 第40号 [PDFファイル/1.43MB]

有帆竹灯会が広報紙『里の竹灯り第9号』を発行しました

 有帆竹灯会(坂野啓治会長)が広報紙を発行しました。イベントの様子や地域の方の活動などの情報が詳細に書かれていますので、ぜひご覧ください。有帆公民館や市民活動推進課の窓口にも少しですが広報紙をおいています。

        里の竹灯り 第9号 [PDFファイル/4.35MB]

 

 

市民活動団体の情報等

市民活動団体紹介

助成金情報等

センターの開館時間等について

開館時間等

 開設場所:市民部市民活動推進課内(市役所2階15番窓口)

 開館時間:午前8時30分から午後5時15分まで

 休館日:日曜日及び土曜日、祝日及び年末年始    

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)