ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 人権・男女共同参画 > 人権啓発 > ヒューマンフェスタさんようおのだ~人権を考える集い~

本文

ヒューマンフェスタさんようおのだ~人権を考える集い~

 本市では、毎年12月4日から10日の人権週間に合わせて、「ヒューマンフェスタさんようおのだ~人権を考える集い~」を開催しています。

人権に関する作品展示や表彰式のほか、外部講師を招いた講演会などを行っています。

【人権週間について】

 人権週間の始まりは、1948年(昭和23年)12月10日に採択された国際連合の「世界人権宣言」にあります。

 総会では、世界における自由、正義及び平和の基礎である基本的人権を確保するため、すべての人民とすべての国とが達成すべき共通の基準として、「世界人権宣言」が採択されました。そして、2年後の1950年(昭和25年)には、世界人権宣言が採択された12月10日を「人権デー」として定め、すべての加盟国及び関係機関が、この日を祝賀する日として、人権活動を推進するための諸行事を行うよう、要請する決議が採択されました。

 日本の人権週間は、こうした世界人権宣言の採択を受けて、1949年(昭和24年)に法務省と全国人権擁護委員連合会によって定められたものです。

 毎年12月10日を最終日とした一週間、人権に関する集中的な取り組みが各地で行われています。

詳細は法務省のホームページ(外部リンク)をご確認ください。

【終了しました】令和3年度「ヒューマンフェスタさんようおのだ」について

 令和3年度 「ヒューマンフェスタさんようおのだ~人権を考えるつどい」は、毎年の12月から開催時期を延期して、令和4年1月15日(土曜日)にオンラインで開催します。会場で視聴することも可能ですので、お気軽にお申し込みください。


日時:令和4年1月15日(土曜日) 14時から16時まで

場所:厚狭地区複合施設 第1研修室 (但し、視聴会場として)

内容:人権に関する作品コンクール受賞作品の紹介

    オンライン講演

     演題 「被爆体験証言と未来へ向けてのメッセージ」

     講師:広島県原爆被害者団体協議会 理事長 箕牧 智之 氏

      ※講師は来場されません。オンライン、会場とも映像配信による講演です。

【チラシ】令和3年度ヒューマンフェスタ チラシ [PDFファイル/218KB]


■備考

・会場参加の方は、手指消毒・マスク着用等、感染症対策にご協力をお願いします。

・感染症の影響により、開催の中止または延期、開催手法の変更等を行う場合があります。

【感染防止対策チェックリスト】ヒューマンフェスタさんようおのだチェックリスト [PDFファイル/190KB]


■お申し込み方法

・参加方法(会場参加・オンライン)、住所、氏名、電話番号を市民活動推進課までご連絡ください。

 ※オンライン希望の方は、必ずメールアドレスを記載してください。

・電子申請の場合、パソコンやスマートフォンからもお申し込みいただけます。

 (電子申請)ヒューマンフェスタ 参加申し込みフォーム(外部にリンクします)

【お問い合わせ・申込先】

山陽小野田市役所 市民活動推進課

電話:0836-82-1137  Fax:0836-84-6937

Mail:shiminkatsudou@city.sanyo-onoda.lg.jp

これまでのヒューマンフェスタのようす

jヒューマンフェスタさんようおのだ~人権を考える集い2021~(オンライン開催)

ヒューマンフェスタさんようおのだ~人権を考える集い2020~(中止)

ヒューマンフェスタさんようおのだ~人権を考える集い2019~

ヒューマンフェスタさんようおのだ~人権を考える集い2018~

ヒューマンフェスタさんようおのだ~人権を考える集い2017

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)