ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心ガイド > 防犯・安全 > 防犯 > 「山陽小野田市空き家等の適正管理関する条例」について

本文

「山陽小野田市空き家等の適正管理関する条例」について

山陽小野田市空き家等の適正管理に関する条例

【制定の背景】

 近年、高齢化や核家族化、または経済的事情などの理由により管理不全の空き家が増大し、建材の飛散や建物の倒壊による災害、火災、犯罪の誘発等、近隣住民が不安を抱くケースが数多く見られるようになってきました。
 そこで、市民が安全で安心して生活することができるよう「山陽小野田市空き家等の適正管理に関する条例」を制定し、平成25年1月1日より施行します。

【主な内容】

 この条例では、
 ◆空き家等の所有者の責務(空き家などの適正管理)
 ◆実態調査及び適正管理措置
 ◆助言、指導、勧告、命令、公表、代執行
 ◆警察その他関係機関との連携 
 などについて定めています。
 

【条例】

条例全文はこちら [PDFファイル/166KB]

【所有者の方へ】

 近隣住民の方に不安を抱かせないように、しばらく家を空けることになった場合でも、「何かあったらここへ連絡してください。」と言い合える、普段からにコミュニケーションが大切です。また、自分の所有している空き家の様子を定期的に見る、自分で管理できない場合は業者に依頼する等、所有者としての責任を果たすことを心掛けてください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)