ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 戸籍・住民票・証明 > マイナンバー > 平成27年10月から順次、個人番号(マイナンバー)が通知されます

本文

平成27年10月から順次、個人番号(マイナンバー)が通知されます

マイナンバーキャラクター

※社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)については、こちらのリンクをご覧ください。

平成27年10月から順次、個人番号(マイナンバー)が「通知カード」で住民票のある全ての方に通知されます

「通知カード 及び 個人番号カード交付申請書」    ※ イメージ         

「通知カード」は住民票の住所に「簡易書留」で届きます。(転送されません)

「通知カード」は「個人番号カード交付申請書」と一緒に届きます。    

通知カード及び個人番号カード交付申請書(表)  通知カード及び個人番号カード交付申請書(裏)

               (表)                            (裏)   

住民票の住所に個人番号(マイナンバー)の「通知カード」が送られます。お住まいの住所が住民票と違う場合は正しい住所登録のお手続きをお願いします。                         

一生使うあなただけの個人番号(マイナンバー)12桁です。確実に受け取り大切にしましょう。

個人番号(マイナンバー)カード

 さらに希望する方は個人番号(マイナンバー)カードが取得できます。

個人番号カード(表)  個人番号カード(裏)

               (表)                                (裏)

  • 「通知カード」と一緒に送付された「個人番号カード交付申請書」を使用して申請してください。
  • 「個人番号(マイナンバー)カード」には氏名・住所・生年月日・性別・個人番号(マイナンバー)・有効期間等が記載され、本人確認書類として利用できます。
  • e‐Tax等の電子申請などが行える電子証明書が標準搭載されます。 (希望者は失効可能。)
  • 初回発行手数料は無料です。(電子証明代含む。)

  *「個人番号(マイナンバー)カード」と「通知カード」との重複所持はできません。

   (注意 「通知カード」は、個人番号カード受け取りの際に回収となります。)

個人番号(マイナンバー)カードと住民基本台帳(住基)カードについて

個人番号(マイナンバー)カードと住民基本台帳カードの発行・利用期間

  • 平成27年12月22日4時半をもって、住基カードに対する公的個人認証の交付が終了しました。
  • 住民基本台帳カードをお持ちの方が、個人番号カードを取得した場合は、その時点で、住民基本台帳カードは廃止・回収することになります。
  • 「住民基本台帳カード」と「個人番号(マイナンバー)カード」との重複所持はできません。

個人番号カードと住民基本台帳カードとの関係

住民基本台帳カードと個人番号(マイナンバー)カードの比較

カード住民基本台帳カード個人番号(マイナンバー)カード
交付即日交付

後日交付

申請が混み合っているため、申請から交付までに概ね5ヶ月

を要しています。

※平成28年2月から交付開始

カード発行手数料500円初回発行無料
カード有効期間発行日から10年間

10回目の誕生日まで

※未成年者は5回目の誕生日まで

電子証明書

希望者のみ搭載

 有効期間:発行日から3年間

 発行手数料:500円

標準搭載 ※希望者は失効可能

 有効期間:5回目の誕生日まで

 発行手数料:初回発行無料

その他

マイナ・ポータルへのログイン手段

マイナ・ポータルとは、、、

※「情報提供記録表示機能」平成29年1月から開始予定

 ※通知カード及び個人番号(マイナンバー)関連事務について、山陽小野田市は平成26年12月1日付で地方公共団体情報システム機構へ委任しました。

個人番号(マイナンバー)に関する疑問・質問は「マイナンバーコールセンター」へ

マイナンバーキャラクター
日本語窓口0570-20-0178

外国語窓口

(英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語)

0570-20-0291

 平日9時半から17時半まで(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く。)

 ※ナビダイヤル(全国共通)は通話料がかかります。