ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 山陽小野田市水道局 > 指定給水装置工事事業者制度の更新制導入についてのお知らせ

本文

指定給水装置工事事業者制度の更新制導入についてのお知らせ

 指定給水装置工事事業者の資質の維持・向上を目指して、「水道法の一部を改正する法律」が、令和元年(2019年)10月1日に施行されたことに伴い、令和元年(2019年)10月1日より指定の更新制が導入されます。

 この改正法により、指定の有効期間が従来の無期限から5年間となることから、指定給水装置工事事業者様におかれましては、有効期間内での更新手続きが必要となります。

 詳しくは指定給水装置工事事業者のみなさまへ [PDFファイル/92KB]をご覧ください。

※初回の更新時期につきましては、従前の制度で指定を受けた日によって、更新までの有効期間が異なります。

山陽小野田市水道局では、令和3年10月1日より更新申請の受付を行う予定です。更新申請期間につきましては、窓口の混雑防止のため、指定の有効期間の範囲内でグループ分けを行い、設定する予定です。更新時期が近づきましたら、対象となる事業者様あてに通知文書を郵送にてお送りします。
 なお、郵便の不着や未更新の方への再通知はいたしません。

指定の有効期間内に更新がなされない場合、指定の失効となりますのでご注意ください。

  • 更新にかかる事務手続き手数料:10,000円

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)