ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 山陽小野田市歴史民俗資料館 > 笠井順八没後100年記念スタート企画展「古写真の情報をください 2019」を開催しました(終了しました)

本文

笠井順八没後100年記念スタート企画展「古写真の情報をください 2019」を開催しました(終了しました)

 概要

ポスター

展示内容

 山陽小野田市名誉市民の笠井順八翁の没後100年にあたる本年。
 資料館所蔵の古写真を再整理を行うため、翁が生涯をかけて発展に尽力した「セメント会社」や「まち」が写された昭和の時代と思われる写真1枚1枚の情報を来館者の方々からいただくことを目的とした企画展です。

日時

令和元年5月31日(金曜日)から7月14日(日曜日)
 ※毎週月曜日は休館日です。

会場

山陽小野田市歴史民俗資料館 2階展示室

入場料

無料

※厚狭地区複合施設では、令和元年9月13日(金曜日)から9月24日(火曜日)まで開催します(展示資料は未定です)

展示品の一部を紹介します

 

展示資料

     展示資料

いつ頃の小野田港でしょうか?

セメント町とされる写真です。
いつ頃の写真でしょうか?

展示資料

 

 

1つでも多くの情報をいただけますよう、ご協力を
お願いします。

旧市役所や若山劇場写っていることから、
小野田工業高校を中心とした航空写真といえます。
年代を特定するヒントをください。

※来館者の方には、情報をいただくための調査票を受付や2階展示室でお渡ししています。情報をご記入の上、お帰りの際、資料館1階受付へ提出してください。

※企画展開催中にいただいた情報をもとに、年代・場所等を特定、推定できた写真については、不定期に
  歴史民俗資料館のHPで不定期に公開していきます。 

古写真の場所・年代の特定までの流れ

1.情報を必要とする写真の選定

2.写真の展示(本企画展がこれにあたります)

3.展示中の写真1枚1枚についての情報を得る(来館者の方々に調査票を渡し、記入の上、提出してもらう)

 (企画展閉会後)

4.写真ごとに提供を受けた情報のデータ化

5.データ化した情報を基に、文献などを調査

 (これらの作業を経て)

6.写真の場所・年代の特定や推定。

7.歴史民俗資料館HPで「「古写真の情報をください」でよせられた情報について」として公開