ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 山陽小野田市歴史民俗資料館 > 企画展「古文書あれこれ!~みて楽しむ。わかればもっと楽しめる~」を開催しました(終了)

本文

企画展「古文書あれこれ!~みて楽しむ。わかればもっと楽しめる~」を開催しました(終了)

   

     チラシ ※特設コーナー考古資料・皿山関係の資料を併せて展示します。                

開催趣旨・内容

古文書は難しい。何が書いてあるかわからないから面白くない。などと思われる方は多いのではないでしょうか?そのような方やこれから古文書を勉強してみたい、今まで古文書に興味をもっていなかった方などにもわかりやすく、古文書に親しみをもってもらえるような内容です。
この機会に是非古文書に興味をもっていただけたらと思います。

展示内容

・昔のカレンダー ・改元の話 ・奇兵隊詐欺事件 ・昔の人たちの楽しみは ・カタカナ語 

・○年前の○月○日の天気は? ・昔の人は何を食べてた? 

※本企画展では順路をもうけません。興味ある内容をじっくりお楽しみください。

開催日時・場所

開催日時

令和元年(2019年)12月21日(土曜日)~令和2年(2020)3月22日(日曜日)
開館時間 9時から17時
休館日 月曜日・祝日・1月14日(火曜日)・2月25日(火曜日)
     
※令和元年12月27日(金曜日)~令和2年1月5日(日曜日)は、年末年始による休館日
             令和2年は1月7日(火曜日)より開館します。

場所

山陽小野田市歴史民俗資料館2階展示室
 

観覧料

無料

主な展示品

 
伊勢暦慶応2年御用所日記
伊勢暦 慶応2年(部分) ※1
東行庵蔵/下関市立東行記念館寄託
江戸時代のカレンダー
『御用所日記』 文久元年3月17日条 
厚狭毛利家蔵/厚狭図書館寄託
昔の改元は?
出萩日記二歩日記
『出萩日記
館蔵/作花一男旧蔵文書
西高泊村の住人が萩の城に招かれた際に出された食事の献立
『二歩日記』明治13年1月16日条
館蔵/二歩家文書
中村芝翫の芝居を見物したとあります

※1 期間中、展示部分を変更します。

企画展開催期間中、展示会場にて古文書解読シート「基礎編」・「実践編」各1部配布します。
  是非、古文書解読にチャレンジしてみてください。

関連事業

ギャラリートーク(無料・事前申し込み不要)

学芸員によるギャラリートーク

令和2年(2020)1月10日(金曜日)、2月14日(金曜日)

いづれも10時~(30分程度)

※時間までに展示室におこしください。内容はそれぞれの日で異なります
 

講演会 (無料・事前申し込み要・定員90名) ※定員に達し次第申し込みを終了します

演 題

「幕末毛利家のおもてなし料理ー日英饗応料理の再現を通して」

講 師

五島 淑子 氏(山口大学教育学部 教授)

日 時・場 所

令和2年(2020年)2月21日(金曜日)13時30分から15時
場所 山陽小野田市立中央図書館 2階 視聴覚ホール

詳細はこちらから