ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

不妊・不育症の治療費等助成

不妊・不育症の治療費助成制度について

市及び県では、不妊治療をされている夫婦の経済的負担を軽減するため、不妊治療費(一般・特定不妊(男性不妊治療も含む)・人工授精・不育症)の一部を助成しています。申請書類等は保健センター(厚狭複合施設内)・子育て世代包括支援センター・ココシエ(スマイルキッズ内)にあります。また下記からもダウンロードが可能です。

期限を過ぎると助成の対象になりません。申請手続きには時間を要しますので、お早目に申請書類を取りにお越しください。

一般不妊治療費助成制度

助成対象要件

令和3年4月1日から令和4年3月31日までに受けられた一般不妊治療

申請締切日

令和4年3月31日(木曜日)

対象となる医療

医療保険適用の一般不妊治療 

(例)タイミング法、男女の薬物療法・不妊検査、不妊治療のために必要な手術 等

対象経費

治療費(自己負担分)

助成対象

・ 市内に住所を有する戸籍上の夫婦

・ 夫または妻が医療保険各法の被保険者、組合員または被扶養者

・ 申請する年度の前年度の所得が、夫婦合わせて730万円未満(下記所得額の確認方法を参照)

所得額の計算方法

児童手当法施行令による所得額=所得額(※1)-80,000円(※所得のある方のみ)-諸控除(※2)

※1 自治体により表記が異なります。山陽小野田市発行の所得課税証明書では「合計所得金額」

※2 

 
控除の種類控除額
雑損控除実際に控除された額
医療費控除実際に控除された額
小規模企業共済等掛金控除実際に控除された額
障害者控除(普通)該当者数×270,000円
障害者控除(特別)該当者数×400,000円
勤労学生控除該当する場合 270,000円

助成額

1年度あたり3万円以内

助成期間

通算5年(ただし、3年目以降については、医師が必要と判断したものに限ります。)

実施主体

山陽小野田市

助成対象医療機関

産婦人科または泌尿器科を標榜している保健医療機関(県内外を問いません。)

添付書類

・一般不妊治療費助成事業申請書  一般不妊治療費助成事業申請書 [PDFファイル/168KB]

記入例(申請書) [PDFファイル/209KB]

・一般不妊治療費助成事業医療機関等証明書(医療機関用)

一般不妊治療費助成事業医療機関等証明書 [PDFファイル/107KB]

・一般不妊治療費助成事業医療機関等証明書(薬局用)

 薬局で医療保険適用にて処方を受けられた方は、薬局に提出して記入してもらってください。ただし、医療機関用証明書で助成額の上限を満たしている場合は、必要ありません。

一般不妊治療費助成事業医療機関等証明書(薬局) [PDFファイル/71KB]

・領収書

 一般不妊治療費助成事業医療機関等証明書(医療機関用・薬局用)の領収金額と同等の領収書が必要となります。領収金額と領収書が合致しない場合は、ご相談ください。

・請求書

請求書 [PDFファイル/32KB]

記入例(請求書) [PDFファイル/79KB]

・法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明する書類(1か月以内に発行されたもの)

 例)続柄の入った住民票(マイナンバーの記載されていないもの)等

・児童手当法施行令による控除が確認できる所得課税証明書

 ※所得がない場合も、夫婦それぞれ1通ずつ必要です。

申請窓口・問い合わせ先

保健センター(厚狭地区複合施設内)

〒757-8634
山陽小野田市大字鴨庄94番地
Tel:0836-71-1815
Fax:0836-39-5624
E-mail:hokenc@city.sanyo-onoda.lg.jp

●時間 8時30分~17時15分
●休館日 土・日曜日、祝日、年末年始

子育て世代包括支援センター・ココシエ

スマイルキッズ(子育て総合支援センター)内

〒756-0080
山陽小野田市揥山一丁目4番3号
Tel:0836-82-2526
E-mail:kokoshie@city.sanyo-onoda.lg.jp

●時間 8時30分~17時15分
●休館日 水・日曜日(第1日曜日は開館)、祝日、年末年始

人工授精費助成制度

詳しくは、山口県ホームページをご覧ください。

人工授精助成制度についてはこちら(山口県ホームページ 別ウィンドウで開きます)

特定不妊治療費・男性不妊治療費助成制度

新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、令和2年4月以降に治療延期したものについて時限的に要件を緩和しています。

要件の緩和について

対象者   

  変更前「43歳未満」 
  変更後「44歳未満」 (令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳である夫婦に限る)

通算回数

  変更前「初回助成時の治療期間初日の妻の年齢が40歳未満:6回(40歳以上:通算3回)」
  変更後「初回助成時の治療期間初日の妻の年齢が41歳未満(令和2年3月31日時点で妻の年齢が39歳である夫婦に限る):6回 (41歳以上:通算3回)」
      

 詳しくは、山口県のホームページをご覧ください。
 特定不妊治療費・男性不妊治療助成制度についてはこちら(山口県ホームページ 別ウィンドウで開きます)

不育症検査費助成制度

 令和3年度から、先進医療として告示されている不育症検査について、1回あたり5万円を上限として助成が開始されました。

詳しくは山口県ホームページをご覧ください。
不育症検査費助成制度についてはこちら(別ウィンドウで開きます)

不妊・不育症専門相談窓口

不妊専門相談センター・女性健康支援センター

 不妊・不育のほか、婦人科疾患や更年期障害など女性の健康に関する相談に応じています。

場所

県立総合医療センター(女性のなやみ相談室内)
〒747-8511 防府市大字大崎77
立総合医療センター(女性のなやみ相談室)はこちら(別ウィンドウで開きます)

受付日

 祝日・年末年始を除く毎日

受付時間

 9時30分~16時00分

相談専用

 電話番号:0835-22-8803
 E-mail:nayam119@ymghp.jp

対応者

  • 保健師または助産師:祝日・年末年始を除く毎日
  • 臨床心理士:第1・3月曜日(面接相談のみ)  14時00分~16時00分 ※祝日の場合は他の曜日等に変更
  • 産婦人科医師:随時(メール、面接相談のみ) ※面接による相談は、すべて予約が必要です。

不妊・不育症相談

岩国、柳井、周南、山口、宇部、萩の各健康福祉センターでは、不妊相談日を設けています。

産婦人科医師、泌尿器科医師または公認心理師が相談をお受けします。(事前に、予約が必要です)。

日時、相談担当者は変更になることがありますので、電話等でご確認ください。

※不育に関する相談もお受けします。

山口県のホームページはこちら(別ウィンドウで開きます)

日時

令和3年6月4日(金曜日)16時00分~18時00分

令和3年9月17日(金曜日)16時00分~18時00分

令和3年12月17日(金曜日)15時00分~17時00分

場所

 宇部健康福祉センター(宇部市常盤町二丁目3-28)

問い合わせ先

 宇部健康福祉センター 

 電話番号:0836-31-3202 

不妊・不育症の治療費助成の申請についてのお問合せ

申請についてご不明な点などありましたら、お気軽にご相談ください。

保健センター(厚狭地区複合施設内)

〒757-8634
山陽小野田市大字鴨庄94番地
Tel:0836-71-1815
Fax:0836-39-5624
E-mail:hokenc@city.sanyo-onoda.lg.jp

●時間 8時30分~17時15分
●休館日 土・日曜日、祝日、年末年始

子育て世代包括支援センター・ココシエ

スマイルキッズ(子育て総合支援センター)内

〒756-0080
山陽小野田市揥山一丁目4番3号
Tel:0836-82-2526
E-mail:kokoshie@city.sanyo-onoda.lg.jp

●時間 8時30分~17時15分
●休館日 水・日曜日(第1日曜日は開館)、祝日、年末年始

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)