ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

いただいた声と回答について(令和3年度 くらし・手続き)

いただいた声(ご意見・ご提案等)のうち、文書またはメールで受付・回答したものは、個人が特定できないようにした上で原則公表しています。なお、回答内容は回答時のものであり、現在の市の考え方とは異なる場合があります。

テニスコートの修復について

浜河内緑地テニスコートの整備について

ごみの日について

税務課職員の対応について

児童公園内側溝の閉塞および埋没について

市への提言について

都市計画公園改良に関する申し入れについて

ゴミ収集(ビン、カン、不燃物)について

殿町公園の維持管理について

テニスコートの修復について

1 浜河内緑地テニスコートのラインの修復について

 昨年11月に市民からの要望があり、1コートのみラインの修復が行われている。しかし他のコートについてもラインが見えない状態である。バックラインの盛り上がりでつまずくことがあり、土も砂利のような大きな小石が多く、試合用のコートとしては成り立っていない。予算が厳しいとのことだが、安全面でも危険があるため、ラインの修復だけでもお願いしたい。

2 東沖緑地テニスコート(サンパーク裏)のハードコートの修復について

 ハードコートの緑の塗装が全面剥げている。新品のボールを半日使用しただけで、下地の赤い塗料が付着してボールを認識できなくなり、ボールも大きく劣化する。予算が厳しいとのことだが、緑の塗装をお願いしたい(令和4年3月受付)。

(回答 都市計画課)

 浜河内緑地テニスコートは設置してから40年以上、東沖緑地テニスコート(サンパーク裏)は35年以上が経過しており、ご指摘のとおり、経年劣化によりラインの破損やコート表面の塗装の剥がれ等が生じ、ご利用者の皆様にはご不便をおかけしております。
 浜河内緑地テニスコートにつきましては、昨年末に第4コートのラインの修復を実施し、現在は第1コートのラインを修復している最中です。
 その後に続けて、第2コート及び第3コートのラインの修復も予定しておりますので、完了するまでもうしばらくお待ちいただきたいと思います。
 また、東沖緑地テニスコートの表面の塗装の剥がれにつきましては、現在、補修方法について検討しております。
 今回は部分的な補修しかできませんが、全面的な改修が必要であると認識しておりますので、予算の確保に努めていきたいと思います。

浜河内緑地テニスコートの整備について

 コートの状態が酷くてラインの帯が破れ接がれている。しかも剥がれた箇所の釘が数ミリ程度浮き出たりしており怪我をする恐れがあるため、仮に補修を行った。責任者の方は一度現地確認をして、早急に対応をして欲しい(令和3年11月受付)。

(回答 都市計画課)

 お問い合せをいただきました件について、現地確認を行いました。ご指摘のとおり、ラインの破損がひどくラインが見えない部分があることも確認いたしました。
 浜河内緑地テニスコートは設置してから40年以上が経過しており、経年劣化が著しく、これまでも部分的にラインの補修を行ったことはありますが、全面的な改修が必要であると認識しております。
 改修ができるように予算の確保に努めていきたいと思いますが、それまでは現在の限られた予算の中で部分的な補修で対応していきたいと思います。
 また、浜河内緑地テニスコートを管理している指定管理者にも、釘が浮き出ていないか、怪我をする恐れはないか等の確認をするよう依頼をしました。
 

ごみの日について

 紙の日とペットボトルの日を月2回に増やしてほしい。紙の日については、コロナ禍で巣篭もり需要が増えたため、ネットショッピングをする機会が増えていると思う。カサの大きな箱で届くため、嵩張ってしまい、すぐ溜まってしまう。
 ペットボトルの日は、潰さなくてもいいので大変助かっている。そのかわり、やはりカサが増える。今年の夏はそうでもないが、毎年夏はとても暑く、ペットボトル飲料に頼る家庭は多い。
 この2つの日が増えたら、大変助かる(令和3年8月受付)。

(回答 環境課環境衛生センター)

 古紙類(紙の日)、ペットボトルの収集日を増やすことにつきましては、人員の配備や経費等の問題により、現在は月1回としており、回数を増やすことは困難です。
 なお、収集日に出すことができなかった場合、ダンボール、古着・布類以外の資源ごみについては、環境衛生センター南側にあります「資源ごみ回収拠点」に、毎週日曜日(8時30分から17時まで)に無料で出すことが出来ます。
 また、平日の日中は、環境衛生センターへの自己搬入の受付をしておりますので、そちらをご利用ください。
 ただし、1日に2kgを超える家庭ごみを持ち込まれる場合は、手数料がかかります。
 詳しくは、市のホームページのごみの欄に掲載しておりますので、ご参考にしてください。

税務課職員の対応について

 以前電話で相談した際の説明内容と後日窓口で受けた説明内容が違う。説明不足であり、窓口での職員の対応に不快な思いをした(令和3年9月受付)。

(回答 税務課)

 この度は、職員の対応により、大変ご不快な思いをさせましたことをお詫び申し上げます。ご指摘のありました職員の対応や説明不足については、今後このようなことがないように税務課全体で周知徹底いたしました。今後も市民の皆様にわかりやすく、丁寧な接客を心がけてまいります。

児童公園内側溝の閉塞および埋没について

 笹尾公園内側溝の一部が、法面の小崩壊による土砂堆積のため閉塞及び埋没しており側溝として機能低下している。
 つきましては、法面の小崩壊防止及び側溝の改良工事をしていただきたい(令和3年7月受付)。

(回答 都市計画課)

 現地を確認しましたところ、ご指摘のとおり一部法面の崩壊による土砂が堆積して側溝を塞いでいることを確認いたしました。
 つきましては、側溝の土砂を撤去して側溝の状態の確認を行い、その後、法面からの土砂が入らないような対策を検討したいと思います。
 笹尾公園東側の法面につきましては、市道の法面であるため、市道の管理担当課とも協議をして対応を検討していきます。

市への提言について

 回覧板の廃止について
 (不特定多数の人が触れる為、感染症予防対策として廃止していただきたい。また、重要度の低い書類が多く回覧される為。メールなどでの公開を希望する。希望者のみも可)

2 市報について
(1)希望者のみに配布すること。
(2)市のサイトから見られるようにすること。

3 ごみについて
(1)ごみ回収の回数を増やすこと。
(ペットボトルや缶、瓶も週1で回収していただきたい。)
(2)燃やせるごみ以外のごみ袋も販売すること。
(他市のように分別用の指定袋があると分別の意識が向上されると思う。)

 公園を増やすこと
 (住宅が増えているのに遊具のある公園が徒歩圏内に全くない。)(令和3年8月受付)

【回答】

1 (市民活動推進課)

 回覧板は市や自治会、学校等からのお知らせを市民の皆様にお伝えする重要な情報伝達手段となっており、高齢者の方などインターネットで情報を得ることができない方も多くいらっしゃるため、現時点で回覧板を廃止することは困難であると考えています。
 回覧板の取扱いにつきましては、新型コロナウイルス感染症対策の観点から、ポスト投函での受渡しや回覧板を受け取ったあとの手洗い、アルコール消毒などの感染予防をお願いします。
 また、回覧する文書のインターネットやメール等を利用した情報提供手段につきましては、市民の皆様が利用しやすく効果的な手法について検討してまいります。

 (シティセールス課)

 (1) 広報「さんようおのだ」は、市民の皆様と行政を結ぶパイプ役として、毎月2回原則各家庭に配布しています。令和元年度に行った広報活動アンケート結果においても、回答のあった人の65%が、市政情報の入手方法を「広報紙」と答えており、次に続く回覧板と合わせ、現時点において広報紙や回覧板の果たす役割は非常に大きなものと考えています。
 なお、広報紙の配布を希望されない場合は、所属する自治会の自治会長又は班長にお知らせいただきますと、配布を中止することができます。
 (2)現在、市ホームページ上及びスマートフォン用アプリ「マチイロ」で広報紙を見ることができます。

3 (環境課環境衛生センター)

 (1) ペットボトル、空かん、空びんの収集日を増やすことにつきましては、人員の配備や経費等の問題により、現在は月1回としており、回数を増やすことは困難です。
 なお、収集日に出すことができなかった場合、環境衛生センター南側にあります「資源ごみ回収拠点」に、毎週日曜日(8時30分から17時まで)に出すことが出来ます。詳しくは、市のホームページのごみの欄に掲載しておりますので、ご参考にしてください。
 (2) 燃やせるごみ以外のごみ袋の販売につきましては、本市では、過去において、燃やせるごみ以外のごみ袋を導入していましたが、これを見直し現在の方法に改めた経緯があります。分別ごとのごみ袋の導入は、市民の皆様に経済的負担がかかること及びごみ袋自体が可燃ごみになることでCO₂削減に逆行する等の理由により、現在、予定しておりません。
 現在、市民の皆様のご協力により、ごみの分別の徹底やごみの減量に取り組んでいただいておりますが、広報紙等により、なお一層のご協力をお願いしています。

 (都市計画課)

 市内には64か所の都市公園があり、その中でも市民の方に最も身近な公園の「街区公園」と呼ばれる公園が48か所あります。
 すべての街区公園に遊具を設置しているわけではありませんが、設置している遊具の多くが老朽化している状況にあり、中には修繕が不可能なため撤去をしている公園もあります。
 新しい公園の整備や遊具設置は、市全体の計画と予算確保が大前提であり、現在の限られた予算の中では安全性の確保を第一と考えて、危険性の高い遊具の修繕・撤去を優先して行っているのが現状です。
 以上のことからご要望にお応えすることは難しい状況にあるということをご理解いただきますようお願いします。                                  

都市計画公園改良に関する申し入れについて

1 竜王山公園の整備について
(1) 猫に関する苦情は目立たなくなったが、野犬が確認された。直ちに対策を講じること。
(2) ヒメボタル鑑賞客が多くなってきたが、西側斜面の階段歩道の草刈りが不十分と思われるので草刈りを実施していただきたい。
(3) オートキャンプ場入り口の照明は消灯していただきたい。
(4) 登山車道及び、歩道の樹木を確認し、枝等が落下しないように点検を実施すること。
(5) 竜王山では携帯電話の不通箇所が見受けられるので、携帯電話会社に対処を求めること。

2 浜河内緑地公園の整備について
(1) 緑地公園に面している民家から、公園内の樹木からの落葉や開花時期に花が散り、民家内に落下し清掃が毎日必要となっている。民家そばの樹木を一定の幅で伐採すること。
(2) 公園内には多くの枯れ木が落ちて朽ちるとともに、虫が生息して民家に迷惑をかけている。落葉の清掃と朽ちた樹木の撤去を行うこと。
(3) 公園内の樹木は、公園設置から年数がたち、外側からの視認性が悪くなっており、防犯上の警戒が必要となっている。公園内の樹木の剪定や間引きを行い、日当たりを良くするとともに、外部からの視認性を良くするように改良すること。
(4) テニスコートはコートのラインが薄くなったり、全体的に老朽化し整備が必要な状態であるので改良していただきたい。

3 須恵健康公園の整備について
(1) テニスコート側の歩道の整備を実施していただきたい。
(2)健康遊具が多くの市民に知られていない。専門家による遊具使用の健康講座を開催すること。
(3) 公園内にある多目的トイレは、管理人による解錠が必要であり、緊急を要するときには役に立たない。トイレが使用しやすいように改善すること。
(4) 公園南側の歩道は公園の植木が大きく成長し、歩道にはみ出し歩行に困難が生じているので整備すること。
(5) テニスコートそばの道路から市道に出る三叉路交差点は、北側の視認性が悪く市道に出る際に危険が伴う状況である。交通事故防止の観点から三叉路に視認性を良くするカーブミラーを設置すること(令和3年5月受付)。

【回答】

1 竜王山公園の整備について

(1) (都市計画課、環境課)

  このたび、竜王山公園に、野犬を見かけたときの通報先を記した注意喚起の看板を6箇所設置しました。あわせて、付近の公民館及び支所には、注意喚起のチラシを配置しました。
  また、該当の野犬につきまして、現在、宇部環境保健所と共に捕獲を行うため、捕獲機を設置しております。パトロールも行っておりますが、野犬を目撃しましたら、山陽小野田市環境課(0836-82-1143)または宇部環境保健所(0836-39-9862)へご連絡ください。
 今後も、指定管理者等関係機関と協力しながら、パトロールを実施して注意喚起を行っていきます。

(2) (都市計画課)

  該当箇所につきましては、草刈りを実施しました。毎年、ヒメボタル鑑賞客が多くなる前には、実施するようにしたいと思います。

(3) (都市計画課)

 該当の照明は、竜王山公園オートキャンプ場の設備です。竜王山公園オートキャンプ場は有料施設であり、宿泊者がいるときは22時まで車の出入りがあるため消灯することはできませんが、22時以降は速やかに消灯するようにしておりますので、ご理解いただきたいと思います。

(4) (都市計画課)

 ご指摘の点検につきましては、指定管理者が随時点検を行っているところですので、今後も引き続き実施していきます。

(5) (デジタル推進室)

 携帯電話の電波の届きにくい地域につきましては、県を通じて携帯電話事業者に対し要望してまいります。

2 浜河内緑地公園の整備について

(1) (都市計画課)

 浜河内緑地に隣接している住民の方からは、毎年、同様の要望が寄せられています。一度に大規模な伐採をすることは困難な状況にありますので、財政状況を見ながら毎年少しずつ実施しております。

(2) (都市計画課)

 ご指摘いただきました内容につきましては、園地管理として指定管理者が管理を行っております。しかし、浜河内緑地は20.3haもの広さがあるため、管理が行き届いていないと思われる箇所もあるかと思います。民家の方にはできるだけご迷惑をおかけしないように、今後も管理を行っていきたいと思います。

(3) (都市計画課)

 浜河内緑地は昭和52年に緩衝緑地として整備されたものです。緩衝緑地は、レクリエーション等を主な目的として利用する他の都市公園とは異なり、工場地域と住宅地域や商業地域とを分離遮断し、大気汚染、騒音、振動、悪臭等の緩和や隣接した工場等で災害が発生した場合にその拡大を防ぐ重要な役目があります。
 整備してから40年以上が経過し、樹木の生長も著しく、場所によっては葉が生い茂り、昼間でも薄暗くなっている部分もあります。緩衝緑地ということで、樹木の伐採等を大規模に実施することはできませんが、樹木間伐や剪定は行っていきたいと思います。

(4) (都市計画課)

 浜河内緑地テニスコートは設置してから40年以上が経過しており、経年劣化によるラインの浮き上がりや破損がひどくなってきております。これまで部分的にラインの補修を行ったことはありますが、全面的な改修ができるように予算の確保に努めていきたいと思います。

3 須恵健康公園の整備について

(1) (都市計画課)

 歩道につきましては、樹木の成長と共に、根が大きく隆起することにより、通行の妨げになっているところがあります。限られた予算ではありますが、街路樹に関する修繕費で状態の悪い箇所から順次対応していきたいと思います。

(2) (健康増進課)

 現在、須恵健康公園の健康遊具に関しては、その種類や使用方法等、市のホームページ、公式動画チャンネルでどなたでも気軽に見ていただけるようになっております。しかし、これらを見ることができない方、実際に体験してみたいという方もおられることから、生活安全課がとりまとめている出前講座の「スマイルエイジング健康講座シリーズ」の中に新規で「健康遊具の体験」のメニューを追加しました。また、新型コロナウイルス感染拡大状況にもよりますが、様々な関係機関へ「健康遊具の体験」の出前講座の周知を図る予定です。

(3) (都市計画課)

 多目的トイレについては有料施設である体育館の中にあるため、体育館東側の1階出入り口にインターフォンを設置しています。利用者がインターフォンを押すと、2階の事務室にいる管理人が応答し、1階に降りて鍵を開けて中へ案内するという利用方法になっています。管理人は常に2階の事務室で受付業務等を行っているため、施設の警備上、管理人の目の届かない1階の東側出入口は施錠しておりますことについてご理解をいただきたいと思います。
 また、公園内に多目的トイレの使用ができることを周知する看板を設置し、利用しやすいように改善は行っていきたいと思います。

(4) (都市計画課)

 公園南側の植木がはみ出している部分につきましては、早急に剪定を行います。今後も指定管理者と協力しながら適切な維持管理に努めていきます。

(5) (土木課)

 道路反射鏡設置のご要望の交差点は、主道路である南北を縦断する市道小野田山手2号線と従道路であるテニスコート沿いの市道港若山線が交わる交差点です。
 市道港若山線から主道路に合流する際は、一時停止が義務付けられており、安全確認を行った後に交差点へ進入することで安全が確保出来るものと認識しております。
 改めまして現地確認を行いましたが、ご意見をいただいた北側の視認性については十分確保出来ていることを確認しましたので道路管理者としては、道路反射鏡の設置は不要であると判断いたしました。
 ただし、北側から通過する車両に対しては、交差点の注意喚起が必要と判断しましたので、公安委員会と協議を行い、『交差点注意』等の路面標示について検討していきます。

ゴミ収集(ビン、カン、不燃物)について

 私達の地域も高齢化や独居者が多く、車の運転をやめている人が多い。ゴミ収集カレンダー、月1回のビン、カン、粗大ゴミ不燃物を指定された場所が遠く、徒歩で持って行くのが大変で困っている。
 是非、地域ごとで良いので粗大ゴミ(大型ゴミ等)と同じように電話をして自宅まで回収に来て欲しい。
 そのゴミ量によって金額を支払うので、是非よろしくお願いする(令和3年4月受付)。

(回答 環境課環境衛生センター)

 現在、山陽小野田市では、自宅までごみを収集に行く「戸別収集」は、タンス・ベッド・食器棚・机等の大型ごみだけとなっております。
  ご要望のありました、ビン、カン、不燃物等の収集については、ご存じのとおり月1回、自治会の指定されたごみステーションでの回収となっております。
  ご事情は理解できますが、現在のところ見直しの予定はございません。
 なお、市が一般廃棄物の収集許可をしている民間業者があり、その中には自宅まで伺い戸別収集を行っている業者もあります。詳しくは、市のホームページのごみの欄に掲載しておりますので、ご参考にしてください。

 殿町公園の維持管理について

 公園の維持管理について、自治会員の高齢化により年々作業効率も鈍化している実態であるため、市で草刈りを実施して欲しい。維持管理を自治会に依頼されるのであれば、浄財などを検討して欲しい(令和3年4月受付)。

(回答 都市計画課)

 現在、殿町公園については、指定管理者である山陽小野田市シルバー人材センターが、樹木や施設等の管理及び年1回の草刈りを実施しております。
 市内には、街区公園と呼ばれる小さな公園が48か所(殿町公園含む)あり、地域の方が利用される最も身近な公園であるため、日常的な清掃や草刈り等は地元自治会等の地域の方々にお願いをしてきているところです。
 維持管理に係る市からの金銭的な支援はありませんが、トイレットペーパーなどのトイレ資材やゴミ袋などを提供させていただくことはできますのでご相談ください。
 


いただいた声と回答(令和4年度一覧)
いただいた声と回答(令和4年度分野別)
いただいた声と回答(令和3年度一覧)