ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

陽性と診断された方の療養期間の考え方について

療養終了

症状がある場合は10日間、症状がない場合は7日間が経過するまでは感染リスクがあります。

検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

症状のある方

  • 発症日(0日)から7日間が経過し、かつ症状軽快から24時間経過した時点で療養終了となります。
  • 症状軽快とは解熱剤を使用せずに解熱しており、呼吸器症状が改善傾向である場合
  • 療養終了の翌日から行動の制限は不要です
  • 療養終了後に、再び体調等に異変を感じた時には、保健所にご相談ください。
  • 療養終了時に保健所からの電話での連絡はありません。

※ただし、現に入院している場合には、発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合には11日目から療養解除を可能とします。

【例1】発症から5日以内に症状が軽快した場合…発症から7日間で療養終了、行動制限不要

 
0日1日2日3日4日5日6日7日8日
発症日    症状軽快日 療養終了日行動制限不要
症状軽快     +24時間  

 

 

【例2】発症から8日以降に症状が軽快した場合…症状軽快日から24時間経過後 療養終了、行動制限不要

症状が長引いた場合、療養終了日が延長されます。

0日1日2日3日4日5日6日7日8日9日10日
発症日       症状軽快日 行動制限不要
症状軽快        +24時間 

 

無症状の場合

無症状の方は、検体採取日(0日目)から7日間経過した時点で療養終了となります。

検体採取日から7日間で療養終了

陽性判明時に無症状の方で療養中に発症した場合は、【例1】【例2】の療養期間に変更となります。

0日1日2日3日4日5日6日7日8日
検体採取日      療養終了日行動制限不要


 

医療用抗原定性検査キットで陰性を確認した場合は5日間で療養終了

0日1日2日3日4日5日6日
検体採取日    

医療用抗原定性検査キットで陰性を確認

【5日間経過後】

療養解除・行動制限不要

 

 

購入される場合は医療用抗原定性検査キットを選びましょう

 

陽性者の療養期間中の外出について

有症状の場合で症状軽快から24時間経過後又は、無症状の場合

外出時や人と接する際は短時間とし、必ずマスクを着用すること、移動時は公共交通機関を使わないなどの自主的な感染予防行動を徹底することを前提に食料品等の買い出しなど必要最小限の外出を行うことは差支えありません。

 

 


山陽小野田市内での発生状況