ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報特設サイト > ワクチン接種に関するよくある質問

本文

ワクチン接種に関するよくある質問

新型コロナワクチンに関して、お問い合わせが多い質問を紹介します。

予約について

ワクチン接種は予約が必要ですか?

(回答)

ワクチン接種はワクチンを事前に準備する必要があるため「完全予約制」となっています。
詳しくは「ワクチンの予約・接種方法」をご覧ください。

1回目・2回目の接種をまだ受けていませんが、まだ受けられますか?

(回答)

受けられます。公費で受けられる期間は現在のところ令和4年9月30日(金曜日)までです。この期間であれば1・2回目接種も無料ですので、ご希望の方は健康増進課(71-1817)にお問い合わせください。なるべく早めの接種をお勧めします。

コールセンターに何度もかけてもつながらない場合、電話料金は発生しているのですか?

(回答)

ナビダイヤルによる音声案内の後、コールセンターにつながります。オペレーターにつながるまでは料金はかかりませんので、しばらくお待ちください。
 

接種日当日に体調が悪くなった等でキャンセルしたい場合どのようにしたらよいですか?

(回答)

キャンセルの連絡をお願いします。

  • 開業医や公的病院で予約している場合は、直接医療機関にご連絡ください。
  • 集団接種の場合は健康増進課(71-1817)にご連絡ください。土日の場合は警備員が対応します。

※前日までのキャンセルについて…公的病院で予約している場合は、健康増進課(71-1817 平日8:30~17:15)へご連絡ください。

2回目の接種後に山陽小野田市に転入しました。3回目接種券は山陽小野田市から郵送されますか?

(回答)

他市区町村で2回目の接種をした後に山陽小野田市に転入された人は、市に接種記録がないため、3回目接種券が発行できません。3回目接種を希望する場合はお手元に接種済証をご準備の上、健康増進課(71-1817)にお問い合わせください。

※接種券の発送は申請者の2回目接種日を確認し、市の発送スケジュールに基づき発送します。

ワクチンの種類について

武田/モデルナ社のワクチンは副反応が強いと聞いていますが大丈夫ですか?

(回答)

武田/モデルナ社のワクチンにおける3回目接種は1・2回目接種で用いた量の半量となります。2回目接種後と比較して、発熱や疲労などの症状が少ないことが報告されています。

※接種後の症状のうちリンパ節症は、2回目よりも3回目のほうが多くみられます。出典:特例承認に係る報告書より

ファイザー社と武田/モデルナ社のワクチンの効果に差はありますか?

(回答)

ファイザー社と武田/モデルナ社のいずれも2回目接種から約半年後も高い重症化予防効果(※)が維持されています。1・2回目接種の効果を約半年間比較した観察研究では、武田/モデルナ社ワクチンの方が感染予防、発症予防、重症化予防(※)の効果が有意に高かったと報告されています。

※重症化予防には入院予防を含む

追加接種に使用するワクチンは選択することができますか?

(回答)

追加接種に使用するワクチンは選択することが可能ですが、市内の医療機関にはファイザー社のワクチン、武田/モデルナ社のワクチンの両方を取り扱う医療機関とファイザー社のみ取り扱う医療機関がありますので、予約時に各医療機関にご相談ください。国からのワクチン分配時期や分配量により、各医療機関に常時、両方のワクチンの在庫があるわけではありませんのでご了承ください。なお、公的3病院、公的施設で実施する集団接種においては両方のワクチンの取り扱いがあります。

新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)に関してはこちら

接種について

ワクチンを接種するにあたり必要なものは何ですか?

(回答)

ワクチン接種には接種券、予診票、本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)が必要です。お薬を日ごろから飲んでいる人はお薬手帳も持ってきてください。

ワクチンを接種する前や接種した後に気をつけることは?

(回答)

原則としてワクチン接種は体調が良いときに受けましょう。いつもと様子や体調が違う、何となく調子が悪いというとき、また医薬品でアレルギー反応が出たことのある人は、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。ワクチン接種後は、激しい運動は控え、接種部位は清潔に保ちましょう。接種当日の入浴は問題ありませんが、接種部位を強くこすらないようにしましょう。また、体調に異常があるときは、かかりつけ医または接種した医療機関に相談してください。診療時間外や集団接種会場などで接種した場合は、山口県ワクチン接種専門相談センター(☎︎ 083-902-2277、毎日24 時間対応)に連絡してください。体調が急激に悪化した場合は救急車を呼んでください。
 

肺炎球菌ワクチンの接種と新型コロナワクチンを同時に接種することはできますか?

(回答)

同時に接種はできません。新型コロナワクチンとその他のワクチンは、原則として前後2 週間以上の間隔をあけた後に接種してください。

住所地外接種について

住所地以外での接種はできますか?

(回答)

原則住民票がある市町村での接種をお願いします。ただし、やむを得ない事情がある場合は、住所地以外で受けることができます。申請(住所地外接種届)が必要な場合があります。

申請が不要な方

 入院・入所中の方や、基礎疾患を持つ方が主治医の下で接種する場合、特別な理由で体制の整った医療機関での接種が必要な場合、国や都道府県の「大規模接種会場」で接種を受ける場合、職域接種での接種を受ける場合等には、住所違い接種届出済証がなくても他市町村で接種することができます。

住民票所在地以外での接種を希望する場合はこちら

 

「住所地外接種届」はどこで入手できますか?

(回答)

市ホームページまたはワクチンナビ(https://v-sys.mhlw.go.jp)で作成することも可能です。健康増進課窓口または高齢福祉課窓口でもお渡しできます。

副反応について

ワクチンを接種した翌日は副反応の症状が出やすいですか?

(回答)

副反応の有無や症状は個人差があります。特に接種をした翌日は、発熱や倦怠感などが生じやすいことを念頭に予定を立てることが大切です。仕事を休む場合の取扱いは、職場に確認してください。

どのような副反応がありますか?

(回答)

厚生労働省の調査により、追加接種の副反応は1・2回目とおおむね同様の症状が報告されています。詳しくは、厚生労働省ホームページをご覧ください。
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_kenkoujoukyoutyousa.html

その他

ワクチンを接種したらマスクの着用などはしなくてもいいですか?

(回答)

ワクチンは発症を予防できると期待されていますが、他の人への感染をどの程度予防できるかわかっていません。追加接種後も引き続き、マスク着用や手指消毒など感染拡大防止対策をしましょう。

接種券を紛失したのですが、どうしたらよいですか?

(回答)

申請を行うことで再発行できますので、紛失等で手元にない人は、健康増進課にお問い合わせください。

電話でのコミュニケーションが難しいのですが、FAX等で対応してもらえますか?

(回答)

音声言語障害等により電話でのコミュニケーションが困難な方は、FAXやメールでの問い合わせや予約申し込みが可能です。様式は問いません。
FAX番号は39-5624です。


PCR検査について
山陽小野田市内での発生状況