ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ワクチン接種に関する差別等の防止について

 新型コロナワクチンの接種にあたっては、「接種を受けるよう努めなければならない」という、予防接種法第9条の規定が適用されています。この規定のことは、いわゆる「努力義務」と呼ばれていますが、義務とは異なります。感染症まん延防止の観点から、皆さまには受けていただくようお勧めをしていますが、接種を受けることは強制ではありません。感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、最終的にはご本人の判断をもって接種を受けていただくことになります。ご本人の同意なく、接種が行われることはありません。

 ワクチン接種に関連して、社会では様々な問題が取り上げられていますが、健康上の理由や個々の抱える事情により接種を受けられない人もいること、接種には本人の同意が必要であることを念頭に置いて、接種の強制や受けていない方に対する差別や偏見、不利益的な取り扱い等を行うことがないよう、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。


【参考リンク】

■(厚生労働省)新型コロナワクチンQ&A

今回のワクチン接種の「努力義務」とは何ですか。(外部にリンクします)

新型コロナワクチンの接種を望まない場合、受けなくてもよいですか。(外部にリンクします)

■(厚生労働省)新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

1.問8-2:ワクチン接種を受けていない人に対する差別的扱いの防止(外部にリンクします)

■(厚生労働省)新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)

10.職場での嫌がらせ、採用内定取り消し、解雇・雇止めなど(外部にリンクします)


PCR検査について
山陽小野田市内での発生状況