ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金について

子育て世帯への臨時特別給付金の申請受付は終了しました。

令和4年3月31日(木曜日)(必着)をもって、申請受付を終了しました。
※令和4年3月17日以降に生まれた新生児は、出生の翌日から15日以内を申請期限とし、最終申請受付は令和4年4月15日(金曜日)(必着)をもって終了しました。

(参考)子育て世帯に臨時特別給付金について(申請受付は終了しています。)

令和3年11月19日に閣議決定された「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」の一つである、子育て世帯への臨時特別給付金について、本市においては児童一人当たり10万円を現金で一括支給します

※当初支給額については、対象児童1人あたり5万円としておりましたが、国が残りの5万円を一括して支給することも
 可能とされたことから、本市において10万円の一括支給を実施することとしました。

※離婚家庭等の方向けの給付金については、こちらをご確認下さい。
 

制度概要(申請受付は終了しています。)

対象児童

平成15年4月2日から令和4年3月31日までに生まれた児童

※養育者の所得が児童手当(本則給付)の支給対象となる金額と同等未満に限る。
 所得基準の詳細は、児童手当の所得制限限度額の欄をご覧ください。

※対象児童が結婚している場合は対象外です。

支給対象者

  • 令和3年9月分の児童手当(本則給付)受給者
  • 児童が高校生のみの世帯、令和3年10月以降に生まれた新生児を養育している方は、対象児童の養育者のうち、生計を維持する程度の高い方(所得の高い方)
  • 児童は他市に居住しているが、養育者が本市在住で児童を別居監護している方

支給額

児童一人当たり10

給付金の給付方法

原則として、児童手当受給者または申請者本人名義の銀行口座への振込み


山陽小野田市内での発生状況