ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報特設サイト > ノババックスワクチンについて

本文

ノババックスワクチンについて

ノババックスワクチン(武田社ワクチン)の接種について

ノババックスワクチン(武田社ワクチン)の特徴について

 組み換えタンパクワクチンと呼ばれる不活化ワクチンの一種です。組み換えタンパクワクチンは、B型肝炎ウイルスワクチンをはじめ、世界中で幅広く使用され、長期の使用実績のある技術です。

 武田薬品工業株式会社がノババックス社から技術移管を受けて、国内工場で生産、流通を行います。

詳細については次のページを参照してください。

武田社の新型コロナワクチン(ノババックス)について(厚生労働省)

接種可能医療機関について

 医療機関名:山口労災病院(大字小野田1315-4)

 接種開始時期:7月13日(水)

 予約開始日:6月20日(月)8時30分から

 予約方法

 初回接種(1、2回目接種)の方

 健康増進課(☎71-1817)に電話して予約してください。(平日8時30分~17時15分)

 

 追加接種(3回目)の方

 山陽小野田市ワクチン接種コールセンターもしくはWEB予約システムより予約してください。

 【電話予約】山陽小野田市ワクチン接種コールセンター☎ 0570-050-062(平日8時30分~17時15分)

 【WEB予約】https://v-yoyaku.jp/352161-sanyoonoda(24 時間受付)

接種対象者について

 18歳以上の方のうち、以下の要件を満たす方

  (1)初回接種(1、2回目接種)

   ・1回目接種を希望される方

   ・2回目接種を希望される方で、1回目でノババックスワクチン(武田社ワクチン)を接種後、

     3週間以上が経過した方

   ※1、2回目接種については原則同じワクチンを接種してください。ただし、以下のような場合には、

     初回免疫(1、2回目接種) において交互接種を行うことができます。

         ・ノババックスワクチン(武田社ワクチン)の国内の流通の減少や転居等により、同ワクチンで

     2回接種を行うことが困難である場合

    ・医師が医学的知見から、1回目接種と2回目接種に同一のワクチンの接種を受けることが

     困難であると判断した場合

  (2)追加接種(3回目)

   ・2回目接種後6か月以上経過している方

   ※2回目接種までのワクチンの種類に関わらず接種可能です。

   ※ファイザー社、武田/モデルナ社ワクチンと接種間隔が異なりますので、ご注意ください。

ワクチン接種に必要なもの

接種券

1~3回目の接種時期を迎えている方には、すでに送付されています。

今後3回目の接種対象となる方には、2回目接種から5か月経過する日前後1週間で送付いたします。

同封された接種券は、初回接種(1、2回目)の場合は2回分の「接種券」や「予防接種済証」が1枚になっています。

追加接種(3回目)の場合は、「予防接種済「予診票」が一体となったものとなっています。

毎回切り離さず台紙ごとお持ちください。

紛失された場合は健康増進課(☎71-1817)に電話して再発行を依頼してください。

予診票

初回接種(1、2回目)の場合は2回分、2枚の「予診票」を同封しています。

追加接種(3回目)の場合は、「予防接種済証」と「予診票」が一体となっています。

あらかじめ記入してお持ちください。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 年金手帳
  • パスポート 等

お薬手帳(お持ちの人)

接種時の注意事項

  • 予診票はあらかじめ記入して持参してください。
  • 自宅で体温測定をお願いします。(37.5℃以上の発熱がある人は接種できません。)
  • マスクを着用し、肩が出やすい服装(半袖等)で、接種会場へお越しください。
  • 何らかの病気のため、治療(投薬等)を受けている人は、病気を診てもらっている医師に予防接種を受けてよいかご確認ください。
  • 投薬等を受けている人は、お薬手帳を持参してください。

その他

山口県ホームページ「武田社ワクチン(ノババックス)の接種について」はこちら


PCR検査について
山陽小野田市内での発生状況