ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報特設サイト > 熱中症対策をしながら感染症を予防しましょう

本文

熱中症対策をしながら感染症を予防しましょう

マスク熱中症に注意

新型コロナウイルス感染症対策としてマスクを着用することで、マスク内の湿度が上がり、喉の渇きに気付きづらくなるため、熱中症のリスクが高まります。外出時はもちろん、室内でもこまめに水分補給(1日あたり1.2リットルが目安)を行いましょう。
※屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合にはマスクを外しましょう。
※マスクを着用しているときは、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクを外して休憩をしましょう。

水分補給をしている女性の画像です

マスク着用時のポイント

定期的にマスク内の熱を逃がす

気温、湿度の高い中でのマスク着用は注意が必要です。定期的に、清潔な指でマスクの内側に指を入れ、マスクと顔の間に隙間を空けて熱を逃がしましょう。併せて、風通しのよい服装を心がけ、身体に熱がこもらないようにしましょう。

口呼吸予防にも「あいうべ体操」

マスク着用によって口呼吸になる人が増えています。口呼吸は、口腔や喉が乾燥するため免疫力が落ちやすくなります。口まわりの筋肉を鍛えることで鼻呼吸の習慣をつけましょう。

  1. 「あー」と口を大きく開く
  2. 「いー」と口を大きく横に広げる
  3. 「うー」と口を強く前に突き出す
  4. 「べー」と舌を突き出して下に伸ばす

1日30セット(10セット×3回)を目安に毎日続けましょう! ※10セット1分程度です。

あいうべ体操の説明が書かれた画像です

エアコン使用時もこまめに空気の入れ替え

感染症予防として、エアコン使用時も1時間に5~10分程度、2か所以上窓やドアを開け、換気をしましょう。

定期的に換気をしている画像です

熱中症関連情報サイト

熱中症に気を付けましょうはこちら
環境省熱中症予防情報サイトはこちら

適度な運動習慣

外出自粛に伴い、体力の低下や外の暑さに体が慣れていないため、熱中症になりやすい傾向があります。熱中症を予防するため、適度に運動を行い、汗をかきやすい体を作りましょう。

  • ラジオ体操やストレッチ
  • 動画投稿サイトを活用したヨガなど

自粛生活継続中の健康維持のポイント(体操・筋トレ編)はこちら
スマイルエイジング ウォーキングコースはこちら

熱中症に関するチラシ

熱中症対策をしながら感染症を予防しましょうのチラシの画像です
熱中症対策をしながら感染症を予防しましょうのチラシはこちら [PDFファイル/246KB]

子ども向けの熱中症予防に関するチラシの画像です
熱中症対策をしながら感染症を予防しましょう(子ども向け)のチラシはこちら [PDFファイル/168KB]

保護者向けの熱中症予防に関するチラシの画像です
熱中症対策をしながら感染症を予防しましょう(保護者向け)のチラシはこちら [PDFファイル/214KB]

令和2年度熱中症予防のチラシの画像です
「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントのチラシの画像です
「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントのチラシの画像です
「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント [PDFファイル/565KB]

熱中症関連情報はこちら(厚生労働省サイト)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)