ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報特設サイト > 山口県の感染状況はレベル2へ移行

本文

山口県の感染状況はレベル2へ移行

新型コロナウイルス感染症を正しく理解しよう

 1月7日から山口県は国の指標で「レベル(医療の負荷が生じはじめている状況)」に移行しました。現在の県内の感染状況については、一部地域においてまん延防止等重点措置が適用され、感染者が急増傾向にあります。また、複数のオミクロン株の感染が確認されるなど、今後、県内全域において感染の更なる拡大が懸念されます。
 完全拡大地域との往来は慎重に判断し、外出の際は、混雑する日時や場所を避けましょう。
 これ以上感染が拡がらないよう、これまで以上に、3密の回避やマスクの着用、十分な換気など、基本的な感染予防対策の徹底をよろしくお願いします。
 引き続き、市民の皆様には改めて新型コロナウイルス感染症について正しい情報に基づき、感染予防対策を徹底し、一人ひとりが人権意識をもって、冷静に行動していただきますようお願いいたします。

山口県のモニタリング指標についてはこちら

内閣官房 新型コロナ感染再拡大防止特設サイトはこちら

新型コロナウイルス感染症の特徴

  • 初期症状は、インフルエンザや感冒に似ている
  • 頻度が高い症状は発熱・咳嗽・倦怠感・呼吸困難で、下痢、味覚障害、嗅覚障害の症状があることもある
  • 主に飛沫や接触によって感染するため、3密(密閉・密集・密接)の環境で感染リスクが高い
  • 高齢者や基礎疾患のある人は重症化や死亡リスクが高い
  • 感染期間は、発症の2日前から発症後7~10日程度(発症の直前・直後で感染リスクが特に高くなる)
  • 感染しても症状がない場合があり、知らずにほかの人に感染させてしまうこともある

基本的な感染防止を徹底しましょう

  • 手洗い・マスクの着用・手指の消毒・身体的距離の確保・こまめな換気などの基本対策を実行しましょう
  • 食事や睡眠をしっかりとり、免疫力を高め、体力を維持しましょう
  • 3密(密閉・密集・密接)の環境で感染リスクが高いため、5つの場面では特に注意しましょう
  1. 飲酒を伴う懇談会等
  2. 大人数や長時間におよぶ飲食
  3. マスクなしでの会話
  4. 狭い空間での共同生活
  5. 居場所の切り替わり

相談窓口

発熱等の症状がある方はまずは電話でご相談ください

かかりつけ医のある方

まずはかかりつけ医に電話でご相談ください。
かかりつけ医での受診が難しい場合は医師から近隣の受診可能な医療機関をご案内します。

かかりつけ医のない方、相談する医療機関に迷われる方

受診・相談センター #7700(専用ダイヤル:毎日24時間対応)


IP電話、ひかり電話などで#7700を利用できない場合は083-902-2510

山陽小野田市健康増進課 71-1814(平日8時30分~17時15分)

診療・検査医療機関についてはこちら

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症に関する人権の配慮について

新型コロナウイルスワクチン接種について

ワクチンの予約・接種について

ワクチン接種に関するお知らせ


PCR検査について
山陽小野田市内での発生状況