ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ > 学校・教育 > 教育 > 新型コロナウイルス関連情報特設サイト > 新型コロナウイルス感染症に関する教育長メッセージ(8月28日)

本文

新型コロナウイルス感染症に関する教育長メッセージ(8月28日)

教育長メッセージ ~保護者の皆様へ~

 保護者の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症の広がりや、お子様の健康についてご心配されていることと思います。

 山陽小野田市では、子どもの新型コロナウイルス感染を受けて、子どもの安心・安全を最優先に考える必要があるとの判断のもと、感染者が確認された学校及び児童館・児童クラブの臨時休業を決定しました。休業期間は、学校の状況によって異なりますが、県保健所や医師等の専門的知見を受けて、約一週間の休業を考えております。ただし、その後の状況によりましては休業期間の延長等も検討することになります。学校の休業に伴い、保護者の皆様にはご負担をおかけしますが、休業の趣旨をご理解の上、ご協力いただきますようお願いします。また、この期間を利用して、県保健所の指導を受けながら、濃厚接触者の調査、PCR検査、施設の消毒等を行い、児童の安全確認と安全確保に努めてまいります。
 

 文部科学省「学校の新しい生活様式」には、新型コロナウイルスの感染経路は、家庭内感染の割合が最も高く、小学生で70%、中学生で58%というデータが示されております。家庭内におかれましても咳エチケットやタオルを分けた使用など、感染防止対策に取り組んでいただきますようお願いします。

 

 学校におきましても、日々の健康観察、三密の回避、換気、消毒、マスクの着用、手洗い、給食時間の指導など、教育委員会が定めたガイドラインに沿った取組を確実に実施して参ります。保護者の皆様におかれましては、引き続き、お子様の健康状態の把握に努めていただきますようお願いします。
 

 結びに、現状では、十分に対策を講じたとしても、誰もが新型コロナウイルスに感染してもおかしくない状況にあると考えています。感染された方やそのご家族に対して、プライバシーに配慮し、お互いを思いやる心・人権意識を大切にした冷静な行動をくれぐれもお願いします。

「みんなで感染した児童生徒やその家族を守りましょう。」


令和2年8月28日

山陽小野田市教育長 長谷川 裕