ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報特設サイト > 新型コロナウイルス感染症の影響により、収⼊が減少したなど後期高齢者医療保険料の納付が困難となった場合について

本文

新型コロナウイルス感染症の影響により、収⼊が減少したなど後期高齢者医療保険料の納付が困難となった場合について

後期高齢者医療保険 新型コロナウイルス感染症の影響により、収⼊が減少したなど後期高齢者医療保険料の納付が困難となった場合について

 新型コロナウイルス感染症の影響により、次の要件を満たす方は、後期高齢者医療保険料が減額または免除される場合があります。

 山陽小野田市国保年金課の窓口で申請を受け付け、山口県後期高齢者医療広域連合が審査を行い決定します。

 

詳しくはこちら(山口県後期高齢者医療広域連合ホームページ)

 

保険料の減免の対象となる方

減免事由1

 新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った方

減免事由2

 新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の事業収入等(事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入のいずれか)の減少が見込まれ、次の3つの要件全てに該当する方

  • 世帯の主たる生計維持者の事業収入等、収入の種類ごとに見た本年の収入のいずれかが、令和元年に比べて10分の3以上減少する見込みであること(減少額は保険金、損害賠償等により補填されるべき金額を控除した額)
  • 世帯の主たる生計維持者の令和元年(平成31年1月1日から令和元年12月31日)の所得の合計額が1,000万円以下であること
  • 世帯の主たる生計維持者の収入減少が見込まれる種類の所得以外の令和元年の所得の合計額が400万円以下であること

 

減免の対象となる保険料

 (1)平成31年度(令和元年度)保険料のうち、納期限が令和2年2月1日以降のもの

 (2)令和2年度保険料のうち、令和2年4月1日から令和3年3月31日までの納期限のもの

減免額

減免事由1の場合

 同一世帯の属する被保険者の保険料額の全額免除

減免事由2の場合

 (A)×(B)/(C)×(D)=減免額

(A)︓被保険者の保険料額
(B)︓世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる令和元年の所得額
(C)︓被保険者の属する世帯の主たる生計維持者および被保険者すべての令和元年の合計所得金額

 

世帯の主たる生計維持者の
令和元年の合計所得金額

減額または免除の割合(D)

300万円以下であるとき

全部

400万円以下であるとき

10分の8

550万円以下であるとき

10分の6
750万円以下であるとき

10分の4

1,000万円以下であるとき

10分の2

※世帯の主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合には、世帯の主たる生計維持者の令和元年の合計所得金額にかかわらず、対象保険料額の全部を免除することとなります。

申請書類

 ア 後期高齢者医療保険料減免申請書 [PDFファイル/28KB]

 イ 保険料減免申請に関する調書 [PDFファイル/47KB]

 ウ 収入見込額調書 [PDFファイル/45KB]

 ※ 記入例 [PDFファイル/85KB]

証明書類の例

«死亡または重篤な傷病の場合»

 ・死亡    ⇒ 死亡届の写しまたは医師による死亡診断書

 ・重篤な傷病 ⇒ 医師による診断書

«収入等の減少が見込まれる場合»

 ・事業または業務の休廃止 ⇒ 公的機関への休業または廃業の届出書、事業主の事業休廃止の申出書

 ・事業収入の減少     ⇒ 収支内訳書や帳簿類

 ・失業、給与の減少    ⇒ 離職(退職)証明書、雇用保険受給資格者証、給与支給明細

申請期間

 令和3年3月31日まで

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


子どもや保護者の皆様へ
山陽小野田市内での発生状況