ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報特設サイト > 新型コロナウイルス(感染が疑われる場合)

本文

新型コロナウイルス(感染が疑われる場合)

新型コロナウイルス感染症の特徴

  • 初期症状は、インフルエンザや感冒に似ている
  • 頻度が高い症状は発熱・せき・倦怠感・呼吸困難で、下痢、味覚障害、嗅覚障害の症状があることもある
  • 主に飛沫や接触によって感染するため、3密(密閉・密集・密接)の環境で感染リスクが高い
  • 高齢者や基礎疾患のある人は重症化や死亡リスクが高い
  • 感染期間は、発症の2日前から発症後7~10日程度(発症の直前・直後で感染リスクが特に高くなる)
  • 感染しても症状がない場合があり、知らずにほかの人に感染させてしまうこともある

濃厚接触者とは

  • 一般的には感染者と同居あるいは、マスクなどの必要な感染予防策をせずに近距離もしくは長時間接触した人
    近距離とは対面でお互いに手を伸ばしたら届く距離(1m程度以内)
    時間の長さは15分以上接触があった場合
  • PCR検査等を実施し、結果が陰性であっても2週間程度の健康観察のため自宅待機が必要
  • マスクなどの感染予防策の有無、会話や歌唱など発声を伴う行動や対面での接触の有無など、状況によって感染の可能性は異なるので最終的には保健所が判断する

相談窓口

発熱等の症状がある方はまずは電話でご相談ください

かかりつけ医のある方

まずはかかりつけ医に電話でご相談ください。
かかりつけ医での受診が難しい場合は医師から近隣の受診可能な医療機関をご案内します。

かかりつけ医のない方、相談する医療機関に迷われる方

受診・相談センター #7700(専用ダイヤル:毎日24時間対応)


IP電話、ひかり電話などで#7700を利用できない場合は083-902-2510

山陽小野田市健康増進課 71-1814(平日8時30分~17時15分)

濃厚接触者の可能性がある方

宇部健康健康福祉センター(保健所) 31-3200

ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合
家庭内でご注意いただきたいこと(8つのポイント)

ご家族で新型コロナウイルス感染が疑われる場合、ご本人は外出を避けましょう。また、ご家族 、同居されている 方も熱を測るなど、健康観察をし、不要不急の外出は避け、特に咳や発熱などの症状があるときには、職場などに行かないでください。

ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合家庭内でご注意いただきたいことの説明が書いてあるチラシの画像です

ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 ご注意していただきたいこと(8つのポイント)のチラシはこちら [その他のファイル/180KB]

部屋を分けましょう

  • 個室にしましょう 。
  • ご本人は極力部屋から出ないようにしましょう。

感染者のお世話はできるだけ限られた方で

  • 心臓 、肺、腎臓に持病のある方、糖尿病の方、免疫の低下した方 、妊婦の方などが感染者のお世話をするのは避けてください。

マスクをつけましょう

  • 使用したマスクは他の部屋に持ち出さないでください。
  • マスクの表面には触れないようにしてください。
  • マスクを外した後は必ず石鹸で手を洗いましょう。

こまめに手を洗いましょう

  • こまめに石鹸で手を 洗いましょう、アルコール消毒をしましょう。

換気をしましょう

  • 定期的に換気してください。

手で触れる共有部分を消毒しましょう

  • 共用部分(ドアの取っ手、ノブ 、ベッド柵など)は、薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きしましょう。
  • トイレや洗面所は、通常の家庭用洗剤ですすぎ、家庭用消毒剤でこまめに消毒しましょう 。
  • 洗浄前のものを共用しないようにしてください 。

汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう

  • 体液で汚れた衣服、リネンを取り扱う際は、手袋とマスクをつけ、一般的な家庭用洗剤で洗濯し完全に乾かしてください 。

ゴミは密閉して捨てましょう

  • 鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、室外に出すときは密閉して捨ててください。

子どもや保護者の皆様へ
山陽小野田市内での発生状況