ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心ガイド > 防災・消防 > 防災 > 新型コロナウイルス関連情報特設サイト > 新型コロナウイルス感染症を踏まえた自然災害からの避難について

本文

新型コロナウイルス感染症を踏まえた自然災害からの避難について

 自然災害から命を守るためには、危険な場所からの避難が必要です。しかし、新型コロナウイルス感染症が流行するなか、自然災害から一時的に身を守る「緊急避難場所」や、自然災害の影響で一定期間生活を行う「避難所」では、密閉・密集・密接のいわゆる「3密」による集団感染のおそれがあります。

そのため、新型コロナウイルスの感染リスクを避けることを念頭におきながら、あらためて災害時の避難のポイントを確認しましょう。

ポイント

避難とは

新型コロナウイルスの感染リスクを減らすために

「避難」とは

「避難」とは命を守る行動のことです。市が指定する避難所に行くことだけが避難ではありません。

避難の手順

(1)災害種別ごとに避難の必要があるか確認しておく。

自然災害には大きく分けて台風や大雨による「風水害」と、「地震・津波」があります。それぞれの特徴を理解し、避難を行いましょう。

ハザードマップを確認する

「風水害」「地震・津波」の際に自分の家が危険かハザードマップで確認しておきましょう。

「風水害」

 大雨による河川の氾濫

   洪水ハザードマップ(有帆川・厚狭川)

 大雨による土砂災害

   土砂災害ハザードマップ

 大雨によるため池の決壊

   ため池ハザードマップ

 台風による高潮災害

   高潮ハザードマップ

「地震・津波」

 南海トラフのような海溝型地震による津波

   津波ハザードマップ

(2)避難先を考える。

ハザードマップで危険な場所を確認したら、どこに避難するかを検討しましょう。

山陽小野田市災害時緊急避難場所及び避難所

市で指定している「緊急避難場所」は災害種別ごとに開設する場所が異なります。危険な場所に避難しないよう正しい情報を取得するようにしましょう。

安全な場所にある親戚や知人宅

市が開設する避難場所等は、様々な方が来られるため、感染のリスクが高くなります。親戚や知人宅がハザードマップ上で安全な場所にあるのならば、避難させてもらうこともひとつの手段です。平時より避難について話し合いをしておきましょう。

(3)災害情報の種類を知る

風水害
「警戒レベル」による情報伝達

警戒レベルを用いた避難勧告等の発令について

警戒レベル

警戒レベルのちらし [PDFファイル/1月02日MB]

地震
緊急地震速報

緊急地震速報について(外部リンク)

  緊急地震速報は、地震の発生直後に、各地での強い揺れの到達時刻や震度を予想し、可能な限り素早く知らせる情報のことです。強い揺れの前に、自らの身を守ったり、列車のスピードを落としたり、あるいは工場等で機械制御を行うなどの活用がなされています。

※緊急地震速報は直下型の地震など、震源地が近いと間に合わない可能性あります。

(4)正しい情報をとれる手段を多数用意しておく。

気象情報を収集する

山陽小野田市防災メール

気象庁ホームページ(外部リンク)

防災情報ナビ

避難情報を収集する

山陽小野田市防災メール

山陽小野田市防災ラジオ

緊急速報メール エリアメール

テレビのデータ放送

(5)避難に必要なものを準備する。

非常時持出品・備蓄品を用意しましょう。

(6)避難の判断をする。

警戒レベルを用いた避難勧告等の発令について

防災情報ナビ

(7)避難する。

水平避難

危険な場所から安全な場所に移動する避難行動のことです。まだ浸水などが発生していない場合は原則水平避難を行います。

垂直避難

逃げ遅れて周囲に浸水が発生している場合や、激しい大雨などで外に出ることがかえって危険と感じた場合は、頑丈な建物の2階以上に避難しましょう。さらに、土砂災害の危険性が高い場所では、崖地等から一番離れた2階以上の部屋に避難しましょう。

新型コロナウイルスの感染リスクを減らすために

避難先について再検討する。

安全な場所にある親戚や知人宅

市が開設する避難場所等は、様々な方が来られるため、感染のリスクが高くなります。親戚や知人宅がハザードマップ上で安全な場所にあるのならば、避難させてもらうこともひとつの手段です。平時より避難について話し合いをしておきましょう。

車中泊避難について

車での避難は「3密」を避けるという意味では、感染リスクが低くなりますが、エコノミークラス症候群や救援物資が届きにくいといった弊害が生じる可能性があります。特に、災害時の車での移動は以下の点を厳守してください。

○地震時は原則徒歩で避難をしてください。道路の安全が確認できるまでは、渋滞などの原因となり、公的機関による救助活動の遅れにつながります。

○風水害時は、浸水が発生する前に余裕をもって移動してください。浸水が発生してからの車での移動は大変危険です。

避難所での感染症予防の徹底。

非常時持出品の再確認

避難所での感染症を予防する物資については、ある程度の準備をしておりますが、万全ではない可能性がありますので、非常時持出品を用意されている方は、感染症予防の観点から、以下のものを用意しておきましょう。

○マスク

○消毒液

○体温計

感染症拡大防止への配慮

○体調不良の場合は、我慢せずすぐに受付に相談しましょう。

○こまめな手洗いや消毒をしましょう。

○マスクを着用するなど、咳エチケットに配慮しましょう。

○体温測定などで、健康管理を行いましょう。

避難所では思いやりのある行動をする。

避難所では不安や混乱から、怒りやすくなったり、体調を崩しやすくなったりします。新型コロナウイルス感染症が流行している状況下では、さらなる混乱が予想されます。お互いに思いやりのある行動をとりましょう。

○体調不良の方やそのご家族を誹謗・中傷・差別することは絶対にしない。

○困っている方や、体調が悪そうな方がいたら、本人や受付に伝えたりする。

○乳幼児、お年寄り、体が不自由な方などには特に配慮する。

○避難所では人手が足りないことが多いため、動ける人は運営に協力してください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)