ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

新型コロナウイルス感染予防

目次

新型コロナウイルスに負けない!みんなで心がけよう 感染予防の7ヵ条

次のような7つのことを心がけましょう。

  1. みんなの食べ物はひとりずつに分けよう。
  2. 流れる水と石けんで、しっかり手洗い。
  3. 出る咳・くしゃみのしぶきを飛ばさない。
  4. 体温測定を1日2回して記録。
  5. いつもと違う体調なら、お休みしましょう。
  6. 触るところはこまめに消毒。
  7. 空気の入れ替え、1時間ごとに。

みんなで対策リーフレット(山口県健康増進課より) [PDFファイル/339KB]

正しい手洗い方法

感染予防に最も大切なのは手洗いです。次のようなことを心がけましょう。

  • 石鹸を使用し、流れる水で30秒以上しっかりと洗いましょう。
  • 指先、指と指の間、手首は洗い残しが多いので丁寧に。
  • 洗った後は清潔なタオル、ペーパータオルでふき取りましょう。
  • 爪は短く切っておきましょう。
  • 時計や指輪は外しておきましょう。

正しい手洗いの仕方

  1. 流水でよく手をぬらした後、石けんをつけ、手のひらをよくこすります。
  2. 手の甲をのばすようにこすります。
  3. 指先・爪の間を念入りにこすります。
  4. 指の間を洗います。
  5. 親指と手のひらをねじり洗います。
  6. 手首も忘れずに洗います。

正しい手洗いについて説明してあるチラシの画像です

正しい手の洗い方のリーフレットはこちら [その他のファイル/29KB]

手洗いのタイミング

  • 外出から戻った後
  • 多くの⼈が触れたと思われる場所を触った時
  • 咳・くしゃみ、⿐をかんだ後
  • 症状のある⼈の看病、お世話をした後
  • 料理を作る前
  • 事の前
  • 家族や動物の排泄物を取り扱った後
  • ⾃分がトイレを利⽤した後

マスクの適切な利用について

全国的なマスク不足が続いています。マスクの適切な利用にご協力お願いします。マスクを触ったあとにも手洗いをしましょう。

  1. マスクは買い占めなくても大丈夫です。
  2. 使い捨てマスクがないときは代用品を使いましょう。
    手作りマスクの作り方 [PDFファイル/63KB] 出展(大分県新型コロナウイルスに関するお知らせ)
  3. こまめな手洗いなどの基本も大事です。

マスクについてのお願いが書かれているリーフレットの画像です

マスクについてのお願いのリーフレットはこちら [PDFファイル/228KB]

消毒、換気・湿度、休養・栄養を気を付けましょう

手指消毒の方法

流水で手洗いができない場合には、アルコールを含んだ手指消毒薬を使用しましょう。

  • 新型コロナウイルスは70パーセント以上のアルコールに弱いことが分かっています。
  • 手洗いと合わせて手指消毒も行いましょう。
  • 指先から消毒するのがポイントです。
  1. 消毒薬約3ミリリットルを手のひらに取ります。(ポンプ1回押すと霧状に約3ミリリットルでます)
  2. 初めに両手の指先に消毒薬をすりこみます。指先から消毒するのがポイントです。
  3. 次に手のひらによくすりこみます。
  4. 手の甲にもすりこんでください。
  5. 指の間にもすりこみます。
  6. 親指にもすりこみます。
  7. 手首も忘れずにすりこみます。乾燥するまでよくすりこんでください。

流水で手洗いができない場合の手指消毒の手順が書かれたチラシの画像です

流水で手洗いできない場合の手指消毒についてのチラシはこちら [PDFファイル/820KB]
(出典:日本環境感染学会教育ツールVer.3.1より引用)

環境消毒

アルコールあるいは0.05パーセント の次亜塩素酸ナトリウム

家族がよく触れる場所を1日、1~2回アルコールあるいは0.05パーセント の次亜塩素酸ナトリウム(薄めた家庭用塩素系漂白剤)で消毒しましょう。

  • 部屋のドアノブ・テーブル・てすり
  • 照明のスイッチ
  • リモコン
  • 洗⾯台
  • トイレのレバー

※0.05パーセントの次亜塩素酸ナトリウム(薄めた家庭用塩素系漂白剤)を使⽤した場合は、拭いた場所がさびる
おそれがありますので、消毒後は⽔拭きしてください。
※家庭用塩素系漂白剤は、主成分が次亜塩素酸ナトリウムであることを確認し、濃度が0.05%(製品の濃度が6パーセントの場合、水3リットルに液を25ミリリットル)になるように調整してください。

家庭用洗剤

洗剤に含まれる界面活性剤で新型コロナウイルスが効果的に除去できます。どの界面活性剤が使われているか確認し、使用上の注意を守って、正しく使いましょう。

家庭にある洗剤を使った消毒の方法が書かれたチラシの画像です
ご家庭にある洗剤を使って身近な物の消毒をしましょうのチラシはこちら [PDFファイル/310KB]

換気・湿度

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

  • 乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60パーセント)を保ちます。
  • 1時間に5~10分程度窓を開けて換気をしましょう。

休養・栄養

感染症に対する抵抗力を高めるため、十分な休養・睡眠と充実した食生活を心がけましょう。

咳エチケットを心がけよう

できる限り混雑した場所を避けてください。お互い距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすときはご注意下さい。屋内でくしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、次のような咳エチケットを心がけましょう。

咳エチケット違反していませんか?

  • 咳やくしゃみを手でおさえる。
    咳やくしゃみを手でおさえると、そのウイルスが付着します。ドアノブなどを介して他の人に病気をうつす可能性があります。
  • 何もせずに咳やくしゃみをする。
    咳やくしゃんみをするとき、しぶきが2メートルほど飛びます。しぶきに病原体が含まれている可能性があり、他の人に病気をうつす可能性があります。他の人への感染をふせぐため、咳エチケットを行いましょう。

3つの咳エチケット

電車や職場、学校など人が集まる場所で行いましょう。

  1. マスクを着用する。(口・鼻を覆う)
    鼻から顎まで覆い、時間がないようにつけましょう。
  2. マスクがない時はティッシュ・ハンカチで口・鼻を覆う。
    ティッシュ:使ったらすぐにゴミ箱に捨てましょう。
    ハンカチ:使ったらなるべく早く洗いましょう。
  3. とっさの時は袖で口・鼻を覆う。
    マスクやティッシュ・ハンカチが使えない時は、袖や上着の内側で口・鼻を覆いましょう。

咳エチケットの方法について説明が書かれているリーフレットの画像です

咳エチケットリーフレット1(厚生労働省より) [PDFファイル/914KB]
咳エチケットリーフレット2(厚生労働省より) [PDFファイル/3.27MB]

免疫力を高めましょう

免疫力を高めるために、次のようなことを心がけましょう

日常の感染予防

※日常の感染予防については上記の「手洗いやアルコール消毒」「咳エチケット」「換気」を参照ください。

食事に気をつけよう

  • バランスに配慮した食事(主食・主菜・副菜をそろえる)
  • 3食欠食せずに食べる

自粛生活継続中の健康維持ポイント(食生活・口腔編)(別ウィンドウで開く)

運動をしよう

  • 人混みを避けて、ウォーキングをする
  • 自宅や職場で筋トレを週3回程度する(1回2、3種目程度)

自粛生活継続中の健康維持ポイント(運動編)(別ウィンドで開く)

心身の休養を保とう

  • 十分な睡眠

感染症にかからないように免疫力を高めることについて説明が書かれているリーフレットの画像です

感染症にかからないように免疫力を高めましょうリーフレットはこちら [PDFファイル/271KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)