ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 厚狭地域交流センター > 【厚狭地域交流センター】寿大学 第6回館外研修「厚狭駅周辺謎解きウォーク」を開催しました。

本文

【厚狭地域交流センター】寿大学 第6回館外研修「厚狭駅周辺謎解きウォーク」を開催しました。

寿大学 第6回 館外研修「厚狭駅周辺謎解きウォーク」

     日 時  :  令和4年10月11日 (火曜日) 9時30分~11時30分

    参加者  :  19名

   講座の様子1

   散策の様子(寝太郎像)

 

   講座の様子4

   散策の様子(厚狭駅前商店街)

 

   講座の様子3

   散策の様子(もりなが松陰堂)

 

   講座の様子2

   見学の様子(永山酒造)

   

講座概要

 今回の講座では、「厚狭駅周辺謎解きウォーク」と題して、厚狭駅前の商店街を謎解きしながら散策しました。

 ゆったりコース(1,8km)、普通コース(2,4km)、健脚コース(2,8km)の三つのコース、全6グループに分かれて散策し、私は今回、ゆったりコースのグループにお邪魔し、一緒に同行させていただきました。

 始めのチェックポイントは、厚狭駅前にある寝太郎像です。「寝太郎像は今年で何歳?」という問題に対して、みなさん石碑を見ながら「建立したのが何年で、今が西暦2022年だから・・・」と考えていました。

 次のチェックポイントは、丹後屋福永薬局です。ここは、県内最古の看板が設置されているとのことで、歴史ある看板にみなさん見入っている様子でした。

 次は、永山酒造を見学させていただきました。全国でも珍しいレンガ造りでできており、会社は今年で創立”135年”とのことです。山口県内で初めて純米酒を製作したり、ワイナリーを作ったりと、時代の先を読み、新しいことに挑戦し続けているというお話をいただきました。

 最後のチェックポイントは、もりなが松陰堂でした。ここでは、美味しいおはぎをいただいて、散策した足を労わりました。

 今回同行させていただいたゆったりコースは、4つのチェックポイントを散策しましたが、普通コース、健脚コースのみなさんは、貞源寺向拝門やSL公園、山下記念厚狭図書館なども散策されました。散策の道中では、「昔はここにお店があったね」とか、「ここのお店でよく物を買っていた」、「今、こんなお店があるんだ」など昔を懐かしみつつ、新しい発見もあり、とても有意義な時間になりました!

 

寿大学は、途中からでも受講できます。興味のある方は厚狭地域交流センター(72-0507)までご連絡ください★

   次回第7回目は、11月8日(火曜日) 健康講座「血管若返り」です。

   講 師: 山陽小野田市健康増進課 職員