トップページ > 組織で探す > 市民生活課(人権・男女共同参画室) > 人権擁護委員

人権擁護委員

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月16日更新

人権擁護委員とは

人権擁護委員は、市長が、市議会の意見を聞いてその候補者を法務大臣に推薦し、法務大臣が委嘱するボランティアです。この制度は、日頃地域に根ざした活動を行っている民間のボランティアの人たちが、地域の中で人権思想を広め、人権侵害が起きないように見守り、人権を擁護していくことが望ましいという考えから設けられたものです。現在、山陽小野田市では10名の委員が委嘱され、人権相談や身の上相談を受けるなど、積極的な活動を行っています。日常生活の中で、これは人権問題ではないだろうかと感じたり、法律上どのようになるのかわからなくて困ったりするときは、お気軽に人権擁護委員にご相談ください。相談は無料で、秘密は厳守されます。

人権擁護委員

秋本和美   有田光枝今田一恵草田和枝国吉純枝
島内利信中野隆明中元稔林洋子和田千鶴

市の施設内で実施している人権相談

  • とき:毎月第2火曜日 9時30分~12時 / ところ:市役所
  • とき:毎月第2水曜日 9時30分~12時 / ところ:厚狭複合施設