トップページ > 組織で探す > 社会教育課 > 花いっぱい運動

花いっぱい運動

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月15日更新

 花いっぱい運動とは

花の生育を通じて、地域コミュニティの結びつきを強め、協働によるまちづくりをすすめるために、全国的に行われる運動です。この運動を通じて、山陽小野田市が花いっぱいになり、華やかで明るいまちになることを願って、この運動を実施しています。

どんなことをしているの

苗配布

山陽小野田市では厚陽公民館(厚陽地区緑と花の推進協議会)とみつば園でサルビアとマリーゴールドなどの苗を育てて、希望者に配布しています。

平成30年度の苗配布(サルビア・マリーゴールド)を実施します。

申し込み期限 5月31日 (木曜日)
申し込み先  教育委員会社会教育課・市内各公民館

サルビア・マリーゴールド苗配布希望申込書 [Wordファイル/759KB]

厚陽公民館
厚陽公民館苗配布

花壇コンクール

日ごろから丹精こめて花を育て、花壇等の環境整備に取り組んでいる市民、団体等の成果を発表する場として花壇コンクールを毎年開催しています。「花いっぱい運動」の全市的な広がりを促進することを目的とし、平成29年度から、春と秋の年2回実施しております。

山陽小野田市フラワーマップ

市では花壇コンクール受賞者を「花壇マイスター」として認定しております。花づくりに携わる市民のみなさんの指南役となり、花いっぱい運動のを全市に広めていただく役割が期待されています。受賞者の花壇の場所は「山陽小野田市フラワーマップ」でご確認できます。(見学される場合は、花壇の見学に来られた旨を受付等にお伝えください。)
※山陽小野田市フラワーマップはこちらからご覧になれます。

ひまわりの種配布

平成27年度に市制10周年記念行事として、ひまわりの種を市内の小・中学校や、地域の方々にお配りして、山陽小野田市をひまわりでいっぱいにしようという取り組みを行いました。
本年度もひまわりの種をみなさんにお配りし、手から手へつないでいく予定です。

サワヒヨドリの苗配布

千キロを超える旅をする、また美しい羽を持った蝶として有名なアサギマダラという蝶がいます。山陽小野田市がこの蝶の一大飛来地となるよう、地域の方々が竜王山で行っている「アサギマダラおいでませ作戦」と連携して取り組んでいる事業です。この取り組みは、アサギマダラを発見して、子供たちに感動体験をしてほしいとの地域の方の思いから始まりました。
昨年度、市内小中学校を中心に苗配布を実施したところ、各地域でアサギマダラの発見の声が多く上がりました。
昨年度発見されたアサギマダラ