トップページ > 組織で探す > 社会教育課 > 木造阿弥陀如来坐像

木造阿弥陀如来坐像

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月16日更新
木造阿弥陀如来坐像

像高73.8cm、檜材の一木造り。彫眼。手の形は上品下生印になっている。衣は偏袒で右肩を出して、内刳りは施さない。彩色はほとんど剥落し、眉、眼の輪郭、瞳などに墨彩が認められるほか、肉身部に白土下地のあとを残す。
制作時期は、肉髻、面相、体部の様式および素朴な衣文線などから、平安時代末期と推定される。
釈迦如来と対をなして、いわゆる遣迎の2尊(発遣の釈迦と来迎の阿弥陀)の形をとる。