トップページ > 組織で探す > 建築住宅課 > 平成28年度 住宅リフォーム資金助成事業のご案内

平成28年度 住宅リフォーム資金助成事業のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月1日更新

山陽小野田市住宅リフォーム資金助成事業のご案内

内容

市民の皆さんが、市内に居住する自己所有の既存住宅を、市内の施工業者を利用して改修工事を行う場合に、その経費の一部を助成します。

この事業は、市内事業者の経済振興を図るとともに、市民生活の向上と住宅改善を促進することを目的としています。

助成対象者(以下の要件をすべて満たしている方)

  • 市民であり、同一世帯に属する者全員に市税の滞納がないこと。
  • 助成対象者及び同一世帯に属する者が、山陽小野田市暴力団排除条例第2条第2号に規定する暴力団員でない者。
  • 助成対象となる工事について、市で実施している他の助成等を受けていないこと。
  • 前年度に、リフォーム工事について市から助成を受けていないこと。

助成対象工事(以下の要件をすべて満たしている工事)

  • 自己の居住する自己所有の既存住宅の改修工事
  • 老朽化、災害等による住宅の修繕、補修、設備改修および模様替えの工事
  • 市内に主たる事務所を有する施工業者(暴力団排除条例第2条第1号に規定する暴力団若しくは同条第2号に規定する暴力団員でないもの又はこれらと密接な関係を有しないものに限る。)に依頼して行う工事
  • 助成金内示額決定前に着手していない工事
  • 申請受付期間内に交付申請を終え、かつ、平成29年2月末までに完了見込みの工事

※災害については、解体工事も対象とする(罹災証明添付のこと)

助成申請書類

  • 山陽小野田市住宅リフォーム資金助成金交付申請書
  • リフォーム工事見積書の写し(数量が記入されているもの)
  • リフォーム工事着手前の現場写真
  • 申立書(市税関係)
  • 申立書(暴力団排除関係)
  • 申立書(施工業者用暴力団排除関係) 
  • ※増築が含まれる場合は平面図

補助対象額 助成金の額

  1. リフォーム工事(消費税および地方消費税を含まない工事費用が10万円以上のものに限る。)に係る費用(消費税及び地方消費税含まない。)に10%を乗じて得た額。 
  2. 上記の計算で得た額に1万円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた金額。
  3. 7万円を上限とする。

申請受付期間

平成28年5月2日(月曜日)から平成29年1月31日(火曜日)まで、ただし予算1000万円に達した時点(先着順)で受け付け終了。

午前8時30分~午後5時15分

申請方法

定められた申請受付期間までに、所定の様式に記入し、必要書類とともに市役所建築住宅課へ提出してください。

申請から内示額通知まで2週間から3週間程度の期間を要します。

様式等

制度に関するもの

交付申請時に提出するもの

工事内容変更時に提出するもの

完了報告時に提出するもの

助成金の請求時に提出するもの

工事中止時に提出するもの