トップページ > 組織で探す > 健康増進課 > 乳がん自己検診

乳がん自己検診

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月16日更新

調べるのは、月経が終わって一週間以内が適当です。 閉経後の方は、毎月、日を決めてチェックしましょう。

パート1 触診(横になってチェック)

 検査する方の肩の下に折りたたんだタオルなどを入れ(乳房の小さい人は必要ない)、乳房が胸の上で平たく広がるようにします。次の要領で、左右の乳房にしこりがないか調べます。
        ↓↓↓指でさわる範囲↓↓↓
乳房の突出している部分だけでなく、上は鎖骨、下はろっ骨の弓側のところまで、
内側は胸骨の中央まで、外側はわきの下のところまで、まんべんなく触ります。

★乳房の内側半分を調べる
 腕を伸ばして頭の下に入れ、3~4本の指で‘の’の字を描くようにして触れます。

★乳房の外側半分を調べる
  頭の下の腕を自然な位置に下げ、内側を調べた時と同様に指の腹を使って調べます。

★わきの下を調べる
  わきの下に3~4本指をさし入れて、指先を胸壁にそってゆっくりすべらし、リンパ節が腫れていないか調べます。

パート2 視診(鏡の前でチェック)

 明るい部屋で、なるべく大きい鏡の前に立って行いましょう。

★両腕を下げたままで胸をはり、次のことを観察する
  ・左右の乳房の形は同じか
  ・左右の乳房の向きは同じか
  ・乳房に皮ふのくぼみや引きつれはないか
  ・乳房に湿疹やただれはないか

★両腕を上げ、上記と同じことを行う

★分泌物がないか調べる
 左右の乳頭をつまんでみて、分泌物が出ていないか調べます。

歌にあわせて、視診と触診

 童謡「おひなさま」の歌にあわせてチェックできます。歌詞はこちら