トップページ > 組織で探す > 健康増進課 > 不妊治療費助成制度

不妊治療費助成制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

市及び県では、不妊治療をされている夫婦の経済的負担を軽減するため、不妊治療費《一般・特定不妊(男性不妊治療も含む)・人工授精》の一部を助成しています。
期限を過ぎると助成の対象になりません。また、申請手続きには時間を要しますので、年度末は特に早めに提出してください。

不妊治療費助成制度

 
 一般不妊治療費助成制度人工授精費助成制度特定不妊治療費助成制度男性不妊治療費助成制度
対象となる医療<医療保険適用>
タイミング法、男女の薬物療法・不妊検査、不妊手術など
医療保険適用外の人工授精 医療保険適用外の特定不妊治療
(体外受精・顕微授精)
※指定医療機関による治療に限る
 特定不妊治療の一環として行われる医療保険適用外の採精手術
※特定不妊治療費助成制度の指定医療機関(指定医療機関の指示等により男性不妊治療を行う医療機関を含む)による治療に限る
対象経費 治療費(自己負担分)
助成対象者     ・市内に住所を有する法律上の夫婦
     ・夫又は妻が医療保険各法の被保険者、組合員又は被扶養者
     ・夫婦の前年の所得の合計額が730万円未満

助成額

助成回数・期間 
1年度あたり3万円以内
●通算5年(3年目以降については、医師が必要と判断したものに限る。) 

1年度あたり3万円以内
●通算5年(3年目以降については、医師が必要と判断したものに限る。) 
●治療1回につき
初回:上限30万円以内
2回目以降:上限15万円以内
※以下の場合は7万5千円以内
・以前に凍結した胚を解凍して
胚移植を実施。
・採卵した卵が得られない、又は状態の良い卵が得られないため中止。
●助成回数
初めて助成を受ける際の妻の年齢が
◇40歳未満:通算6回まで
◇40歳以上~43歳未満:
通算3回まで
●治療1回につき
15万円以内
●助成回数
特定不妊治療費助成制度と同じ
※平成29年4月1日以降に特定不妊治療を終了した方が、特定不妊治療費助成金と併せて申請した場合に助成を行います。
年齢制限 なし  妻の年齢が43歳未満
支払方法償還払い
実施主体 山陽小野田市山口県
申請受付
窓口
(郵送可)
・保健センター
(厚狭地区複合施設内)
・子育て世代包括支援センター・ココシエ(スマイルキッズ内) 
・保健センター(厚狭地区複合施設)
・子育て世代包括支援センター・ココシエ(スマイルキッズ内) 
・宇部健康福祉センター
申請期限平成31年3月31日(日)(消印有効)平成31年3月31日(日)(消印有効)
※なお、人工授精・特定不妊(男性不妊治療も含む)は、3月に治療が終了した方で3月末の申請が困難な場合は、4月末まで申請することができます。ただし、人工授精の場合は翌年度の対象としての扱いとなります(平成30年度、既に限度額まで助成を受けた方は対象となりません)。
持参する
書類
・申請書
・医療機関等証明書
・領収書
・診療明細書
・請求書
・保険証
  ・申請書
  ・受診等証明書
  ・領収書
  ・診療明細書
●法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類(続柄の入った住民票(個人番号(マイナンバー)の記載されていないもの)等)※1ヶ月以内に発行されたもの
●所得課税証明書(児童手当法施行令による控除が確認できるもの)
※所得がない場合も、夫婦それぞれ1通ずつ必要です。
●印鑑(夫婦それぞれ別の印で押印)
●通帳などの口座情報が分かるもの
書類様式

一般不妊治療費助成事業申請書 [PDFファイル/151KB]
一般不妊治療費助成事業医療機関等証明書(医療機関) [PDFファイル/94KB]
一般不妊治療費助成事業医療機関等証明書(薬局) [PDFファイル/64KB]
請求書 [PDFファイル/35KB]

記入例(申請書) [PDFファイル/190KB]
記入例(請求書) [PDFファイル/89KB]

※保健センター、ココシエにも一式置いています。

   「山口県母子保健ガイド」

  ※保健センター、ココシエにも一式置いています。

問い合わせ先保健センター(71-1815)
子育て世代包括支援センター・ココシエ( 82-2526)
   保健センター(71-1815)
   子育て世代包括支援センター・ココシエ(82-2526)
   宇部健康福祉センター(31-3200)

 

不妊専門相談センター・女性健康支援センター

不妊・不育のほか、婦人科疾患や更年期障害など女性の健康に関する相談に応じています。

県立総合医療センター(女性のなやみ相談室内)

県立総合医療センター(女性のなやみ相談室)

〒747-8511 防府市大字大崎77
(受付日)祝日・年末年始を除く毎日
(受付時間)9:30~16:00
(相談専用)TEL:0835-22-8803
      E-mail:nayam119@ymghp.jp
(対応者)・保健師又は助産師:祝日・年末年始を除く毎日
     ・臨床心理士:第1・3月曜日(面接相談のみ)
           14:00~16:00 
           ※祝日の場合は他の曜日等に変更
     ・産婦人科医師:随時(メール、面接相談のみ)
     注)面接による相談は、すべて予約が必要です。