トップページ > 組織で探す > 健康増進課 > 平成26年度ねたろう食育博士活動報告

平成26年度ねたろう食育博士活動報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月16日更新

「平成26年度第3回ねたろう食育博士のつどいが開催されました。」

 日時:平成26年10月4日(土曜日)9:00~10:30

 場所:花の海

 参加者:34人

 内容

  ●秋の野菜収穫

実際に収穫体験を行うことで、地元で採れる食材、旬の野菜を体感しました。

7 8 9

  ●おすすめ野菜料理の情報交換

普段家庭で作る野菜料理についてグループで情報交換を行いました。

10 10 

グループごとに1品ずつおすすめ料理を紹介しました。

 【食育博士おすすめ野菜料理名】

  ・オクラとトロロと納豆のネバネバ和え

  ・じゃこピーマン

  ・キャベツとシーチキン和え

  ・ナスとピーマンとじゃこ和え

  ・ゴーヤとシーチキンマヨネーズ和え 

  ●SOS健康フェスタの出展準備

 各グループにわかれてSOS健康フェスタの出展準備を行いました。

12  13  14

  食育サイコロパズルの作成         展示物の作成         食育ランチョンマット実践のリハーサル

●健康フェスタ

 平成26年度11月16日(日)9:30~15:00

 山陽小野田市民館にて開催

 ぜひお越しください!!!

  「平成26年度第2回ねたろう食育博士のつどいが開催されました。」

日時:平成26年8月23日(土曜日)9:00~10:00

場所:小野田保健センター 

参加者:48人

内容:

 ●SOS健康フェスタ出展に向けて

5

11月16日に行われるSOS健康フェスタへの出展に向けての準備を行いました。

 ●講話・実演

 講師:SOS健康・情報ステーション 雄善 窪井紀彰 先生

      「魚を通じて食への感謝を学ぶ」

 窪井先生による講話・実演は、子どもはもちろん、大人も惹きつけられる内容で、参加者は魚をさばく体験を通じて、魚を身近に感じ、食への感謝の心を養うきっかけとなりました。

6

魚をさばく様子を見た後は実際に魚(レンコ鯛)のウロコ取りに挑戦!!

 ここで少し講話の内容を紹介・・・

☆タコとイカの墨は何が違うと思いますか?

正解は・・・

【タコの墨】水溶性で、敵から逃げるとき煙幕として使う。旨味成分はない。

【イカの墨】水溶性ではなく広がらずに塊になり、敵から逃げるとき自分の身代わりとして使う。旨味成分がある。

 窪井先生からフェアトレードのお話等もあり、参加者は自分たちが普段食べているものがどこから来ているのか、どのような人が関わっているのか、国内だけでなく輸出国やその生産者について考えるきっかけとなりました。

※フェアトレードとは・・・

 直訳すると「公平な貿易」。私たちの生活を支えている輸入品の多くは発展途上国で生産されています。安定で持続可能な取引をすることで、生産地の環境、生産者の生活を守ろうとする貿易の仕組みの事です。

「平成26年度第1回ねたろう食育博士のつどいが開催されました。」

 ねたろう食育博士とは・・・。

地域住民(特に子育て世代)が、生涯を通じた健康づくりの実践活動を促進するために、「ねたろう『食育』サイクル」を実践し、食育の大切さをPRします。

平成23年度から山陽小野田市で養成しているねたろう食育博士は、206人(子ども67人を含む)になりました。

日時:平成26年6月28日(土曜日)9:00~10:00

場所:小野田保健センター

参加者:31人

内容:食育実践~高血圧予防のために天然の旨味を活用しよう!!~                     

塩分と血圧の関連について講話を聞き、塩や醤油などに置き換えた1日の塩分摂取目標量を実際に確認しました。

1

“天然だしの味比べゲーム”

4種類のだし(昆布・いりこ・かつお・だしの素)を飲み、だしの素材を当てるゲームを行いました。ほとんどの方が4種類とも正解しており、家庭でも天然だしを取る習慣があるようです。

2 3 4  

  

 

 

 

 平成26年度活動計画

【個人活動】

 ・夏野菜について、働きやおいしい食べ方、保存方法などを調べる。

 ・夏野菜を使ったレシピを考え、作る。

 ・食育ランチョンマットを活用し、1日の食生活を振り返る。

 ・ねたろう食育博士養成講座の受講勧奨をする。講座に協力する。

【全体活動】

 ・健康フェスタにて出展する。(展示、体験コーナー)

 ・ねたろう食育博士のつどい開催予定

  第2回・・・8月23日(土曜日)、第3回・・・10月4日(土曜日)