トップページ > 組織で探す > 子育て支援課 > ファミリーサポートセンター

ファミリーサポートセンター

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月1日更新

山陽小野田市ファミリーサポートセンター

 ファミリーサポートセンターは「育児の援助を受けたい人」(依頼会員)と「援助をしたい人」(提供会員)が助け合う相互援助活動の会員組織です。

事業内容

 子育て中の人が、仕事や用事などで子どもの世話ができないときに、代わって世話をする会員同士の有償のボランティア活動の調整を行います。

例えばこんなとき・・・

  • 保育所等への送迎
  • 保育所等の開始前や終了後に子どもを預かる
  • 学校の放課後や学童保育終了後に子どもを預かる
  • 保護者の病気や急用などのときに子どもを預かる
  • 冠婚葬祭や兄弟の学校行事のときに子どもを預かる
  • 買い物等外出するときに子どもを預かるなど

仕組みは・・・

  • センターに会員登録をします。(依頼会員・提供会員・両方会員)
       ↓
  • センターに援助の申し込みをします。(依頼会員)
       ↓
  • センターが条件に合う援助者(提供会員)を紹介します。
       ↓
  • 依頼者と援助者で事前の打ち合わせをした後、援助活動を行います。
       ↓
  • 終了後定められた報酬の受け渡しをして、結果をセンターに報告します。

☆゚・*:.。. .。.:*・゜ ファミサポ通信 ☆゚・*:.。. .。.:*・゜

毎月の活動状況やアドバイザーの日記を掲載した手作りの広報誌を発行しています。
下記からダウンロードできますので、ぜひご覧ください。

No.1 No.2 No.3 No.4(2009年6月) No.5(2009年10月) No.6(2010年2月) No.7(2010年6月) No.8(2010年11月)

No.9(2011年3月) No.10(2011年7月) No.11(2011年10月) No.12(2012年2月) No.13(2012年5月) No.14(2012年11月)

No.15(2013年5月)  No.16(2013年10月) No.17(2014年3月)  No.18(2014年8月)  No.19(2015年2月)   No.20(2015年12月)

No.21(2016年4月) No.22(2016年7月) No.23(2016年秋) No.24(2016年12月)  No.25(2017年2月)

会員登録

依頼会員

  • 山陽小野田市に居住している方または山陽小野田市の事業所に勤務している方で、0歳から小学校6年生までの子どもさんのいらっしゃる方

提供会員

  • 送迎や自宅で子どもさんを預かれる方ならどなたでも、資格は問いません。

両方会員

  • 依頼会員と提供会員を兼ねることもできます。

申し込みは・・・

  • 山陽小野田市ファミリーサポートセンター(市役所こども福祉課内)へ印判を持参のうえ、ご来所ください。

     〔受付時間:月~金曜日(祝日及び年末年始を除く)8時30分~17時00分〕

  • 会員登録の際に、証明書用の写真を撮影します。
  • 登録の際に、簡単にシステムの説明をしますが、改めて事前講習を受けていただきますので、受講の日程調整等をお願いします。
  • 会員はファミリーサポートセンター補償保険に一括加入します。(保険料は市が負担)

★入会申込書(PDF 71KB)

★ご利用の手引き(PDF 558KB)

★ファミリーサポートセンター事業実施要綱 [PDFファイル/176KB]

援助活動

援助の依頼は・・・

  • 依頼会員はセンターに電話、ファックス又は来所して、受けたい援助の内容を相談します。
       ↓
  • センターのアドバイザーは、援助の条件に合う提供会員を探して連絡をします。
       ↓
  • 提供会員から依頼会員へ連絡をします。
    (会員相互の援助活動なので、依頼の条件に合う方が見つからない場合もあります。)
       ↓
  • 依頼会員と提供会員は事前打ち合わせを行ないます。

★依頼会員と提供会員の信頼関係を保つことが大切です。

  事前打ち合わせ等では、お互いを 理解しあうように心がけましょう。

援助活動は・・・

  • 原則として提供会員宅で行います。(依頼会員宅でも事情により可能)
  • 土・日曜、祝日、早朝、夜間(原則10時まで)も可能ですが、宿泊は行いません。
  • 事前打ち合わせのとおりに行なってください。とくに約束の時間は必ず守るようにしてください。

★会員同士による有償ボランティアの助け合いです。

    過度の期待、過度の負担は避け、お互いに節度をもって利用し、活動しましょう。

援助活動が終わったら・・・

  • 依頼会員は決められた報酬と、事前打ち合わせのときに取り決めたその他の経費を提供会員に支払います。
       ↓
  • 提供会員は活動報告書(3枚複写)を作成し、双方の確認印を押して3枚目をセンターへ提出します。

報酬

報酬の基準は・・・

  • 山陽小野田市ファミリーサポートセンターの報酬の基準は以下のとおりです。

一般保育

昼間
7時00分~19時00分

1時間あたり600円
早朝~7時00分
夜間19時00分~
1時間あたり700円
土・日・祝日1時間あたり700円
病児保育1時間あたり700円
  • 最初の1時間までは、それに満たない場合でも1時間とみなします。
  • 時間を延長したときは、30分未満は半額、30分を超えて1時間までは1時間とします。
  • 同一世帯の子どもを2人以上預かる場合は、2人目からは基準額の半額とします。
  • 取消料は、以下のとおり依頼会員が提供会員に支払ってください。
    ◇前日までの取消・・・無料
    ◇当日取消・・・上記基準額により算定された額の50%
    ◇無断取消・・・全額
  • 食事(ミルク)・おやつ代は、依頼会員で用意又は実費を負担します。また、交通費など事前打ち合わせ等において提供会員が用意し、依頼会員が負担することとした経費について支払ってください。

申込・問合せ先

〒756-8601
山陽小野田市日の出一丁目1番1号
山陽小野田市こども福祉課内
山陽小野田市ファミリーサポートセンター
電話(0836)82-1212
ファックス(0836)82-1212
E-mail:kodomo@city.sanyo-onoda.lg.jp