トップページ > 組織で探す > こども福祉課 > 母子父子寡婦福祉資金貸付金

母子父子寡婦福祉資金貸付金

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月16日更新

母子家庭、父子家庭及び寡婦の方の経済的自立とその扶養する児童の福祉の増進を図るため、無利子または低利子で各資金を貸し付けます。

※申請するためには、事前にこども福祉課(電話:0836-82-1175)へ相談していただく必要があります。

貸付対象者

母子福祉資金

(1)母子家庭の母(配偶者のない女子で、現に20歳未満の児童を扶養している人)、またはその扶養している20歳未満の児童

(2)父母のいない20歳未満の児童

(3)母子父子福祉団体

父子福祉資金

(1)父子家庭の父(配偶者のない男子で、現に20歳未満の児童を扶養している人)、またはその扶養している20歳未満の児童

(2)母子父子福祉団体

寡婦福祉資金

(1)寡婦(配偶者のない女子で、かつて配偶者のいない女子として児童を扶養していたことがある人)

(2)40歳以上の配偶者のない女子であって、母子家庭の母及び寡婦以外の人

(3)母子父子福祉団体

※上記(1)、(2)のうち、現に扶養する子がいない場合は、前年の所得が2,036,000円以内の人

貸付金の種類

資金種類貸付対象経費利率
事業開始資金事業を開始するのに必要な設備費、機械、材料費等の購入費 無利子または年利1.0%
事業継続資金現在営んでいる事業を継続するために必要な商品、材料の購入費等の運転資金 無利子または年利1.0%
修学資金高校、高専、短大、大学または専修学校で修学するために必要な経費(授業料、交通費等) 無利子
技能習得資金ひとり親家庭の父母が自ら事業を開始し、または就職するために必要な知識・技能を修得するための授業料、材料費等の経費無利子または年利1.0%
修業資金ひとり親家庭の児童が事業を開始し、または就職するために必要な知識・技能を修得するための授業料、材料費等の経費 無利子
就職支度資金就職するために必要な被服費等の経費無利子
医療介護資金医療・介護を受けるために必要な経費無利子または年利1.0%
生活資金生活を安定・維持するために必要な経費無利子または年利1.0%
住宅資金住宅の建設、購入、補修、保全、改築または増築するために必要な経費無利子または年利1.0%
転宅資金住居を移転するために必要な敷金、礼金等の経費無利子または年利1.0%
就学支度資金入学または修業施設へ入所するために必要な経費(入学金、被服等の購入費) 無利子
結婚資金 ひとり親家庭の児童が婚姻するために必要な経費無利子または年利1.0%

※資金の詳細、貸付限度額、償還期限、利率等についてはお問い合せください。

注意事項

(1)修学資金の場合、山口県ひとづくり財団奨学金制度との併用はできません。

              日本学生支援機構奨学金制度とは、貸付限度額との差額の貸付が可能です。

(2)原則、保証人1人が必要です。(65歳以下で一定の職業を持ち、独立の生計を営んでいる山口県内に住む親族)