トップページ > 組織で探す > 市民生活課 > 平成30年度山陽小野田市防犯外灯設置補助事業(LED化促進事業)について

平成30年度山陽小野田市防犯外灯設置補助事業(LED化促進事業)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月2日更新

平成30年度防犯外灯設置事業実施要領

  〇平成30年度防犯外灯設置補助事業(LED化促進事業)

  (注)端数は、100円未満を切り捨てとする

区分

種 別

補  助  額

新設

器具

LED灯

防犯外灯1灯分器具一式の設置費につき23,000円を限額とした実績額とする。

蛍光灯等

防犯外灯1灯分器具一式の設置費につき15,000円を限額とした実績額とする。

柱1本につき20,000円を限度とした実績額とする。

柱を設置しLED灯を取り付け

1か所の設置費につき43,000円を限額とした実績額。

柱を設置し蛍光灯等を取り付け

1か所の設置費につき35,000円を限額とした実績額。

修理

器具

LED灯

防犯外灯1灯分器具一式の設置費につき12,000円を限額とした実績額とする。

蛍光灯等

防犯外灯1灯分器具一式の設置費につき8,000円を限額とした実績額とする。

 

柱1本につき10,000円を限度とした実績額とする。

年度間の申請数の制限について

 補助制度の効率的な運用を図るため、年度間の申請制限を次のとおり実施します。
 修理については、単位自治会等の保有する防犯外灯の数(平成30年3月31日現在)の20%を目安に制限数を設定します。

 〇平成30年度における年度間の申請制限

 【新 設】

種別

年度間の申請制限

器具

LED灯

3灯(柱)まで

蛍光灯等

柱+器具

  (ただし、特別な事情がある場合は、この限りではない。)

 【修 理】

 

年度間の申請制限

保有灯数が30灯までの自治会等

保有灯数が31灯から40灯までの自治会等

保有灯数が41灯以上の自治会等

器具

LED灯

6灯まで

(うち、LED化促進分は3灯まで)

8灯まで

(うち、LED化促進分は3灯まで)

10灯まで

(うち、LED化促進分は3灯まで)

蛍光灯等

   (ただし、特別な事情がある場合は、この限りではない。)

   ※各自治会の申請数の制限につきましては、下表を御覧ください。

 

申請・受付要領について

(1)新設する場合

○申請は、工事の実施前に行うものとします(事前申請)。

○申請は、年度間を通して随時受付け、先着の順で交付を決定します。

○予算が不足する場合は、交付決定を留保することがあります。

(2)器具の故障により緊急に修理(器具一式の取替え)する場合

○申請は1回につき1灯までとし、工事の実施後に申請できるものとします(事後申請可)。ただし、工事実施後30日以内に申請書を提出してください。この期限を過ぎると補助金を交付できない場合があります。

○申請は、年度間を通して随時受付け、先着の順で交付を決定します。

○予算が不足する場合は、交付決定を留保することがあります。

○器具の故障により防犯外灯を緊急修理する場合も、年度間の申請制限の数に入ります。

(3)器具の故障以外の理由により修理(器具一式の取替え)する場合【LED化促進分】

○申請は、工事の実施前に行うものとします(事前申請)。

○年度の当初に次のとおり受付期間を設けます。

●受付期間 平成30年4月2日(月曜日)から同年6月15日(金曜日)まで
 
○受付期間の申請額の総額が予算配分額の範囲内である場合は、審査を経て、申請の全部について、交付決定します。

○受付期間の申請額の総額が予算配分額を超える場合は、受付期間終了後、次のとおり抽選を行い、交付決定の順番を決定します。

●公開抽選会 平成30年6月27日(水曜日)午前10時 市役所3階大会議室
 
○抽選の結果に基づき、順次予算を割り当てた結果、予算を超えたものについては、原則交付決定を行えませんが、その後の予算執行状況により交付決定を行う場合もあります。

 

参考資料

山陽小野田市防犯外灯設置補助金交付要綱 [Wordファイル/20KB]申請書 [Wordファイル/24KB]