トップページ > スポーツによるまちづくり > 市民体育館
施設案内
ホームタウン
助成事業
体育協会
施設利用案内
各種大会・イベント情報
スポーツによるまちづくり推進計画
スポーツ交流施設整備事業
総合型地域スポーツクラブ

市民体育館

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月16日更新

山陽小野田市民体育館

名称

山陽小野田市民体育館

所在地

山口県山陽小野田市中川五丁目2番1号(地図はこちら

施設概要

敷地面積 9,695平方メートル
延床面積 4,792平方メートル
主競技場 1,628平方メートル(44m×37m)
バレーボール2面、バスケットボール2面、テニス2面、ハンドボール1面
バドミントン8面、卓球21台
トレーニング室261平方メートル(26m×10m)コンビネーショントレーナー、ルームランナーほか10機種

使用料(税込)

主競技場

区分

午前9時から
正午まで

正午から
午後5時まで

午後5時から
午後10時まで

時間区分帯以外
(1時間につき)

午前

午後

専用使用入場料を徴収しない場合アマチュアスポーツ文化行事

2,060円

3,810円

4,940円

720円

1,330円

営利を目的としない催し物

8,220円

15,220円

19,750円

2,880円

5,350円

営利を目的とする催し物

32,190円

60,900円

79,000円

11,520円

21,390円

入場料を徴収する場合アマチュアスポーツ文化行事

4,110円

7,610円

9,880円

1,440円

2,670円

営利を目的としない催し物

16,450円

30,450円

39,500円

5,760円

10,700円

営利を目的とする催し物

32,910円

60,900円

79,000円

11,520円

21,390円

一般使用(バドミントンコート1面当たり)小・中・高校生

210円

210円

310円

 

 
その他

310円

310円

510円

 

 

上記以外に、別途、付属施設及び器具使用料がかかります。

その他

区分

午前9時から
正午まで

正午から
午後5時まで

午後5時から
午後10時まで

時間区分帯以外
(1時間につき)

午前

午後

会議室

1,080円

1,620円

2,160円

430円

540円

区分

午前9時から 午後10時まで

トレーニング室

小・中・高校生1人1回につき

100円

回数券12枚綴

1,080円

その他1人1回につき

210円

回数券12枚綴

2,160円

  • 専用使用とは、一定時間体育館の主競技場、更衣室及びシャワー室並びに観覧席を貸切使用することをいい、その他の使用を一般使用という。
  • 1回とは、使用時間区分帯に従いそれぞれ1回とする。
  • 土曜日、日曜日又は国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に使用する場合は、定額の2割増とする。ただし、一般使用する場合を除く。
  • 使用時間区分帯以外(1時間につき)欄の使用料は、午前9時前及び午後10時以降の使用について適用する。この場合において、1時間未満の端数が生じたときは、1時間に切り上げて徴収する。
  • 入場料等を徴収する場合は、最高入場料に50を乗じて得た額を定額に加算して徴収する。
  • 「入場料等」とは、使用者がその使用に際し、入場者から徴収する入場料、会費又はこれに準ずるもの(直接会場では徴収しないが、買上額等により招待券を発行するもの又は整理費名目で徴収するもの等を含む。)をいい、入場料等の金額が明らかでないものは、1,000円の入場料を徴収するものとみなす。
  • 既設の設備以外に電気を使用する場合は、電気料に相当する額を別に徴収する。
  • 市外申込者の使用は、定額の5割増とする。
  • 使用時間が時間区分帯の欄の時間に満たないときの使用料は、使用時間区分帯の欄の使用料を徴収する。

休館(場)日

12月28日から1月3日まで

アクセス方法

最寄JR駅
JR小野田線南中川駅より徒歩8分
最寄バス停
船鉄バス・サンデンバス、スポーツセンター前停留所より徒歩3分
車で
国道2号線宇部市船木交差点から約20分

その他特記事項

駐車台数 約120台
収容人員 3,000人(2階固定席1,020席1階収納式1,008席)
使用申請は、使用開始予定日の1ヶ月前から受け付けます。

使用申請・問い合わせ先

市民体育館(山陽小野田市体育施設指定管理者 (株)晃栄)
Tel:0836-84-2430
Fax:0836-84-2318